FC2ブログ

瀞峡ジェット素掘りツーリング


2012_0916_123343-P9164094.jpg
9月16日(日)

まだまだ残暑が続く9月半ばの紀伊半島
秘境度合いが高いエリアをぶらついてきました


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2012_0916_062504-P9163859.jpg
6時25分

大阪府の南にある河内長野から今回はスタート
まずはR310で奈良県に進入します
目指すは紀伊半島の南部に位置する瀞峡です
2012_0916_064911-P9163863.jpg
京奈和自動車道の五條IC手前にて

高架を潜った右車線側に以前からローソンが
あるんですが、高架を潜る手前の左車線側
にローソンができてますな

とりあえずここで休憩してる時に気づいた事
R169で瀞峡に向かう予定がR168の方に
間違って行こうとしてましたよ
似てるからね~数字的にw

まぁ~しゃあない、R169ルートでも別段
問題は無いでしょう、若干遠回りになるだけ
所詮、勝手気ままのソロツーリング
予定はどうとでもなりますからね

休憩後は、R310からR168へ進んで行きます
2012_0916_072533-P9163865.jpg
幻の五新線の高架をスルリと通過

新宮まで向かう専用バスでしか走れない道
いつか・・そのバスに乗車して~新宮まで
のんびりバス旅行したい気もしますよ
2012_0916_073446-P9163866.jpg
7時34分
道の駅 吉野路大塔

ここで2回目の休憩です

2012_0916_075157-P9163867.jpg


2012_0916_081248-P9163880.jpg
雨は降って無いが路面は濡れてましたね

2012_0916_075958-P9163869.jpg
山から白煙が湧き立ってますな
雨上がりの山々のこういう光景は好きですわ

また降るかもしれないリスクはありますがね

2012_0916_080254-P9163870.jpg
この区間と

2012_0916_080459-P9163871.jpg
この区間が同じ道とはどうよ?

これが紀伊半島クオリティ!
2012_0916_080831-P9163874.jpg
以前は発電所施設があった場所も今は更地・・・
去年の台風の爪跡はまだまだ残ってますね
2012_0916_080952-P9163877.jpg
この辺も爪痕が凄かったですね

2012_0916_081051-P9163879.jpg

2012_0916_081248-P9163880.jpg

2012_0916_081432-P9163881.jpg
晴れ間が見えてはきたけど油断はならぬ
いつ降ってもおかしくはない天気ですからね
2012_0916_081610-P9163883.jpg
変わった雲?発見

2012_0916_081621-P9163884.jpg
白い蛇が山に絡みつく感じと言えば大袈裟か?

なかなか面白い現象ですね
2012_0916_083804-P9163890.jpg
頭上注意・・・嫌でも目につきますわな

2012_0916_084452-P9163892.jpg
8時44分
道の駅 十津川郷

ここでしばし体を休めまする
何かあった時の為に、めはり寿司を購入しました

大袈裟に言えば~この先の道は何が起こるか未知数
なので、念の為の非常食と言う事です
2012_0916_091133-P9163895.jpg
道の駅の先に出来た新しいトンネルを潜ると
これまた最近出来た真新しいループ橋を駆け抜けて
日本3大酷道の一角国道425号線へヌルっと進入!
2012_0916_091324-P9163898.jpg
この区間のR425はお初です
慎重に進んで行きますか~
2012_0916_091435-P9163899.jpg
この道をしばらく進んで行くとツーリングマップル
瀞峡へのショートカット路と表記されている
面白そうな道があるのですよね~

エクシ氏のレポで紹介されてたので、そのうち走り
たいと思ってた道だが、計らずもR168とR169
を間違えたおかげで走れる事になって何よりです
2012_0916_091923-P9163900.jpg
おやおや、未舗装林道がありますな
突入したい気もするが、今回は止めておこうか
2012_0916_092102-P9163901.jpg
苔むし具合が良い感じの出合橋
何に出合ったかと言うと・・・・
2012_0916_092129-P9163903.jpg
恐ろしく透き通った綺麗な川でした
良いね~ここ!来年泳ぎに来ようかな
2012_0916_092220-P9163904.jpg
出合橋の近くにはこれまた良い感じの
大野出合橋なる吊り橋がありましたよ
2012_0916_092321-P9163906.jpg
当然渡りましたが・・予想以上に揺れやがる!
高さは20m程度だが、この橋の揺れ具合は
なかなか怖い!吊り橋は揺れてナンボやね~

個人的には今まで渡った吊り橋では2番目に
恐かったですよ

数時間後、過去一番怖い吊り橋を越える
ヤバ過ぎな吊り橋を発見してしまうのを
この時は知る由もないのでした・・・・・
2012_0916_092959-P9163911.jpg
豪雨に降られた時は重宝しそうな場所ですな

2012_0916_093103-P9163913.jpg
大泰の滝ですか
どんなんかな~?
2012_0916_093115-P9163914.jpg
こんなんでましたけど~(ふるっw)

いいじゃないの~!高さはないけども見事な滝です
2012_0916_093128-P9163915.jpg
ここも泳いだら気持ち良さそうですわな

問題はあそこまでどうやって降りるかやな・・・
2012_0916_093637-P9163920.jpg
苔むし橋パート2

この橋の下も綺麗な川が流れていましたよ
2012_0916_093711-P9163921.jpg
ここも泳ぐにはいいポイントやん
問題はどうやって降りるかやな~
2012_0916_094107-P9163924.jpg
苔むし橋パート3

これが国指定の道路に掛かる橋とはねw
2012_0916_094150-P9163926.jpg

道が二手に分かれています
右の道が例の瀞峡へのショートカット路

ここで酷道425とはお別れです
2012_0916_094338-P9163928_20120930215258.jpg
右のショートカット路へ進んで行きます

どうせこっちの道も酷道425の血を受け継ぐ
味わいのある道なんでしょうね
2012_0916_094417-P9163930.jpg
またもや道が二手に・・・・

左の怪しげなトンネルの方が瀞峡への正しき道
夜は潜りたくないトンネルですなぁ・・・・
何か居そうですが、こういう時は霊感ゼロの
体質で良かったと思うよね~
2012_0916_094546-P9163932.jpg
トンネルを潜ると変な看板を発見

「この先の道は下りが続いて危険だからブレーキが
ちゃんと作動するか確認しといてね!」という意味
なんでしょかね~?
2012_0916_094637-P9163934.jpg

予想通り下りのクネクネ道が続いてましたわ

2012_0916_094805-P9163937.jpg
紀伊半島の山道を走ってると毎度思うけど
こんな山奥にも集落があるのは驚かされます
2012_0916_094849-P9163939.jpg
右の道が瀞峡へ向かう道
わかりやすい案内板があるので助かりますよ
2012_0916_095102-P9163942.jpg
微妙な小雨が降ってきたね
狭い道がまだまだ続きそうなので慎重に行かんとね
2012_0916_095249-P9163944.jpg
ポジティブに考えれば、あと8キロも峡路区間を
楽しめるのか・・・と言った感じかな

それにしても、数字の漢字表記の標識は珍しい
地元の方が造った標識かな?
2012_0916_095341-P9163945_20121001094400.jpg
こんな山奥にもNTTの施設がありましたよ

当方の使用してる某ソ○トバ○クのスマホは
完全に圏外だけど、NTTのスマホの方は
余裕でアンテナ5本は立ってるのかなぁ?
2012_0916_095404-P9163946.jpg
どこがビルやねん?

2012_0916_095545-P9163947.jpg
御親切にどうも!

2012_0916_095759-P9163949.jpg
確かに気をつけんとね
こんなカーブとかは特に・・・・

2012_0916_095846-P9163951.jpg
ここだけ路面とかが真新しい・・・・
エクシ氏のレポで載ってた通行止めの土砂崩れ
現場・・・・どうやらこの場所みたいやね

この辺の山の斜面はデカイ岩がゴロゴロしてる
から、豪雨が降った時は転がり落ちてきて危険
なんでしょうね・・・・・
2012_0916_100036-P9163955.jpg
剥きだしの巨岩に苔や植物がくっ付いてて
雰囲気の良い道に仕上がっていますなー
2012_0916_100103-P9163956.jpg

民家が出てきてホッとしたけど
2012_0916_100439-P9163961.jpg
すぐさま秘境テイストの山道再び!

こんな所にもバスが来るのね・・・・
2012_0916_100658-P9163965.jpg
この写真を撮る少し前に赤い郵便カブ
すれ違いました

羨ましい仕事ですな~
2012_0916_100642-P9163964.jpg
予想以上に面白い道じゃないか
お気に入りに入れてやろう(上から目線w)

峡路が嫌いな方には~どうしようもない道
でしょうけどねぇ・・・・
2012_0916_101217-P9163968.jpg
R169が見えてきましたよ
最後は国道と並走とは面白いな
2012_0916_101245-P9163970.jpg
田辺、新宮方面へ進んで行きます

2012_0916_102600-P9163975.jpg 2012_0916_102616-P9163976.jpg
2012_0916_102548-P9163974.jpg
蟻越峠

雨が酷くなってきてきましたが
カッパはまだ着てませんよ~

持って来てないからねw
2012_0916_103023-P9163979.jpg
あの曲がりくねった川を今日は突き進む!

2012_0916_103242-P9163980.jpg
道路工事か・・・あそこに橋を掛けて
トンネルを穿つようですな
2012_0916_103347-P9163982.jpg
この黄色い線の中をくり抜くんでしょうね
幅的に見て、一車線専用のトンネルかなぁ?
2012_0916_103750-P9163988.jpg
徐々に雨脚が酷くな・・・ウォータージェット船!

2012_0916_103759-P9163989.jpg
激しく飛沫を撒き散らしながら北山川を
力強く遡って行ってますなぁ

今回、紀伊半島の瀞峡に向かうのは
あの船に乗りたかったからですんよ
2012_0916_104407-P9163992.jpg
明らかにツーリング日和では無いねぇ
道中、立ち寄った道の駅以外ではライダーを
あまり見かけなかったな・・・・・
2012_0916_104527-P9163995.jpg
10時45分

ウォータジェット船乗り場に到着しました
去年の10月に来訪した時とは大違いです
無事に再建して嬉しい限りです

2011_1009_093758-PA092077_20121003191410.jpg
2011年 10月9日来訪時の写真

2012_0916_104955-P9164002.jpg
ニュースとかの映像で新しいジェット船乗り場の
映像は見てはいましたが、やはり直に見た方が
感動もひとしおですわ
2011_1009_093822-PA092079_20121003191409.jpg
2011年 10月9日来訪時の写真

空模様だけはこの日の方が良いなぁ・・・・
2012_0916_104739-P9163996.jpg
うざ~い小雨も止みましたな よかよか♪
隅の方にセローを停めましょかね

画面中央にメモリアルモニュメントなる物が・・
2012_0916_104820-P9163999.jpg

2012_0916_104921-P9164000.jpg
あの、黄色い球のあたりまで、増水した北山川の
水に浸かったと言う事か・・・・・・凄まじいな・・・

2012_0916_105740-P9164009.jpg
見事に復活したジェット船乗り場の建物の中には
多種多様な土産物が販売されてましたよ
2012_0916_105757-P9164010.jpg
左の変な奴、ゆるキャラテイストなヤタガラス?

次の乗船時間は11時30分
適当に時間を潰しますかね~
2012_0916_105813-P9164011.jpg
熊野鉄道記念Tシャツ・・・・ですか
知らんかったなぁ~熊野鉄道の存在は・・・
一瞬、このTシャツを買おうと思ったが
2012_0916_110056-P9164015.jpg
今回は瀞峡Tシャツの方を購入しましたよ

2012_0916_112007-P9164019.jpg
去年、個人的に世話になった恩人的な
豆せんべい熊野古道めぐりも販売してたので
迷わず購入しましたよ
2012_0916_233531-P9164272.jpg
今回購入したお土産

この地ビールは美味いですよ~
3本で千円と少し高めですがね
2012_0916_111101-P9164018.jpg
熊野牛他人丼   800円

次の乗船時間まで~まだ少し余裕があるので
併設の食堂で、早めの昼食にしましたよ
2012_0916_112212-P9164020.jpg
乗船時間数分前に観光バスが到着しましたよ
結構な数の観光客が降りてきました

意外と人気あるのね~
2012_0916_105652-P9164007.jpg
時間が来たので乗りますかな

ジェット船は今回が初めてですんよ
船酔いしなければいいが・・・・
2012_0916_112738-P9164021.jpg
ジェット船で瀞峡までGO!

2012_0916_113116-P9164025.jpg
1人だけで乗船したので良い感じに
席2つ独占できましたわ
2012_0916_114157-P9164033.jpg

2012_0916_114530-P9164035.jpg
R169とR311の合流地点付近から見える
ヘアピンカーブ地点をゴリゴリっと通過!

ホントに船底が川底に当たってゴリゴリいってたw
この日は水位が低かったのかねぇ~

スクリューとかは大丈夫なんか?と思いましたが
ウォータージェット船なのでスクリュー無いんよね
2012_0916_115236-P9164038.jpg
前の便のジェット船とすれ違いましたぞ

2012_0916_115349-P9164039.jpg
瀞流荘が見えてきた

利用した事はないけど、建物の前までは
行った事があるんですよ
温泉施設&鉱山鉄道がある面白そうなとこですよ

2012_0916_115444-P9164041.jpg 2012_0916_115456-P9164042.jpg
瀞大橋を華麗に通過~♪

2012_0916_115527-P9164044.jpg
鮎釣りの人達はジェット船が来ると竿を上げて
糸や仕掛けを船の巻き起こす水流に持って
行かれない様にしています
2012_0916_115653-P9164045.jpg
また少し降ってきたな
船の中は濡れないからいいけど・・・
2012_0916_120012-P9164047.jpg
あれは個人経営の方の小舟かな
天気の良い日にはあっちの方に乗ろうかな
2012_0916_120628-P9164049.jpg

2012_0916_120751-P9164052.jpg

素晴らしい眺めです
大枚はたいた甲斐がありましたよ
2012_0916_120841-P9164056.jpg
一番右の岩は墜落岩と呼ばれています
300年以上も昔、大地震のせいで
大きい岩が滑り落ちたものと伝えられてるらしい
2012_0916_121056-P9164061.jpg
ん・・・左奥に人工的な青い物体が見えるな
あれはもしかして・・・・・・・・
2012_0916_121107-P9164062.jpg
瀞ホテル!
某ゼルビス乗りの方がご執心の建物・・・
数年前にホテルの経営者の方が亡くなられて
からは休館中だったらしいです

今年の春あたりに再開すると、去年の奈良新聞
に掲載されていたみたいなんですが、去年の
9月の大水害により瀞峡ホテルの一部が増水
した川に流された影響もあって営業再開延期
という憂き目に・・・・・

あの、ブルーシートで仮に補修された辺りが
川に流された部分なんでしょうね

あの高さまで川の水が行くとは信じられん・・
2012_0916_121124-P9164063.jpg
瀞ホテル近くにある河原で15分ほど休憩です
トイレがしたかったのでちょうど良かったわい!
2012_0916_121350-P9164066.jpg
小雨が降ってる状態で外に出るのは嫌ですが
尿意には勝てない・・・・それに
2012_0916_121507-P9164070.jpg
近くから瀞ホテルを眺めてみたいよね~
画面中央に見えるのが本館
この写真では分かり難いでしょうが、吊り橋の
向こうに見える山の斜面にへばり付く様に
建ってるのが別館でございます
2012_0916_121406-P9164067.jpg
凄いとこに建ってるなぁ~
良い意味で怪しさ爆発ですわな

某ゼルビス乗り様がご執心なのも納得!
2012_0916_121456-P9164069.jpg
別館・・・・凄い雰囲気やなぁ・・・・
別館へは吊り橋でしか行けないらしいのですが
2012_0916_121447-P9164068.jpg
増水した川のせいでボロボロです

本館はともかく、別館はもはや・・・・
2012_0916_122402-P9164078.jpg
直ぐ近くまで行きたい所ですが、船に
乗り遅れたら怖いので~至近距離瀞ホテルは
また次回にでも・・・・出来れば泊まりたいなぁ
2012_0916_121726-P9164074.jpg
休憩場所の河原にはちょっとした売店が・・・

2012_0916_121954-P9164075.jpg 2012_0916_122202-P9164076.jpg
鮎の塩焼きと串こんにゃくをペロンチョ♪

2012_0916_122340-P9164077.jpg
こいつらも美味そうやん♪
どこかで飼われてるんかな?
撮影の為に少し近づいても逃げはしなかったが
こいつらの平静を装いつつのチラ見が凄かったw

他の方のツーレポでもこんな状況があったけど
鳥ってどいつもこいつもこんなリアクション?
2012_0916_122822-P9164081.jpg
12時28分
再び船に乗船

黒いカステラ菓子を食べながら
瀞八丁の渓谷美を堪能~♪
2012_0916_123257-P9164091_20121005221640.jpg
12時32分

ここから先は川幅が狭いので、ジェット船では
行けないみたい・・・ここが折り返し地点ですな

Uターンして引き返しますよ~
2012_0916_123335-P9164093.jpg
あのジェット船もしばらくしたら引き返す運命

2012_0916_123557-P9164097.jpg
さらば瀞ホテル

2012_0916_130920-P9164103.jpg
13時9分

折り返し地点から引き返し、およそ40分後
ジェット船乗り場に無事帰還しました
2012_0916_134232-P9164105.jpg

晴れ間が見えて来ましたな
さりとて、山の天気は変わりやすいからね
油断は禁物、安全運転で行きますか

さて、この後の予定は未定・・・早く帰宅
するならR168かR169で帰るのが賢い選択
なんでしょうが、翌日も休みだから急いで帰る
必要もない・・・・という事で、もう少しだけ
紀伊半島の秘境エリアを堪能する事にしましたよ

2012_0916_135011-P9164106.jpg
瀞峡から比較的近い場所にある
ワイルドな未舗装林道に参りましょうかね

まずはR168を北上して行きます
2012_0916_135849-P9164107.jpg
見た目は晴れてるのに小雨がパラパラと・・・

R168からR311へ、そんでもって
2012_0916_141129-P9164111.jpg
県道241号線 静川請川線に合流
この写真を撮った場所は走りやすそうな道
に見えるでしょうが、ご安心召されよ!
2012_0916_142229-P9164113.jpg
返す刀で険道風味に早変わりでございます
綺麗な川の横を流れる粋な道ですよ
2012_0916_142439-P9164116.jpg
巨岩と滝と鳥居とセローの4ショット

2012_0916_142601-P9164119.jpg
さて、そろそろ出てくる頃合いやね

2012_0916_142813-P9164121.jpg
めくるめく素掘りトンネル林道地帯カモ~ン!

この写真のトンネルは普通のコンクリ製です
コイツはまだまだ序の口よ
2012_0916_143051-P9164123.jpg
今回走る林道と分岐する林道 ホイホイ坂線
ここも走りたかったんですが・・・
2012_0916_143107-P9164124.jpg
通行止めだったので~残念!

一昨年、走った事がありますが
眺めの良い舗装&未舗装の林道でしたよ
2012_0916_143135-P9164125.jpg
林道 ホイホイ坂線は諦めて
大塔川林道を駆けましょうか
2012_0916_143217-P9164126.jpg
素掘りその1

入口付近はコンクリ製、真ん中あたりから素掘り
のトンネルですなー
2012_0916_143342-P9164129.jpg
素掘りその1の先に見えるワイルド?な光景

2012_0916_143355-P9164130.jpg
ここも泳ぐには良さそうなポイントだけども
問題はどこから降りるかやなぁ・・・・・

縄梯子ってどれくらいするんやろ?
2012_0916_143532-P9164133.jpg
素掘りその2をまるっと通過

2012_0916_143725-P9164135.jpg
フラットな道が続きますんよ

2012_0916_144044-P9164136.jpg
コーヒー牛乳が湧いてましたなー
右端から手堅く攻略しました
2012_0916_144622-P9164140.jpg
路面は濡れてたけど走りやすかったですよ
2012_0916_144340-P9164139.jpg
岩の斜面からの~

2012_0916_145158-P9164144.jpg
巨大一枚岩・・・・かな?

川を挟んだ向かい側にあるんですが
なかなかの迫力でしたね
2012_0916_145719-P9164150.jpg
素掘りその3

短いけど形的には一番美しい素掘りと思います
まぁ、個人的なアレなんですがね
2012_0916_150051-P9164156.jpg
素掘りその3を抜けた付近で小休止

2012_0916_150647-P9164158.jpg
十津川の道の駅で購入しためはり寿司
いただきました

紀伊半島の山道を走る時は、食べ物を余分に
買っておかんと後で困る事が結構あるよね~
2012_0916_151537-P9164160.jpg
素掘りその4をそつなく通過

2012_0916_151631-P9164162.jpg
フラットダートからの~

2012_0916_151724-P9164164.jpg
本日ラスト素掘りその5

ワイルドな素掘りトンネル、御馳走様でした
2012_0916_151841-P9164166.jpg
荒々しい素掘りトンネルが連続で続く林道なので
手強そうなダートのイメージがあるかもしれないが
全体的に路面が引き締まったフラットダートなので
ゆっくり走れば初心者のオフライダーでも走破
出来るかな~?・・・・と思います

ま、最終的には自己責任という事で・・・・
2012_0916_152353-P9164168.jpg
大塔川林道無事走破!
また来年に来ますさかいに~

そしてここからは舗装路の大塔林道になります
2012_0916_152524-P9164169.jpg
舗装路になって安心したらいきなりこれかい!
油断も隙も無いなぁ・・・・数十秒後

2012_0916_152558-P9164170.jpg
またかよ!
道幅的にはさっきより余裕があるわな~
2012_0916_152928-P9164172.jpg
道の端付近が陥没してますな
アスファルトの下の土が雨水の浸食で
流されてるんでしょうね
2012_0916_153000-P9164173.jpg
大杉トンネル

このトンネルを潜るんは2回目やけど
個人的には滝畑ダム近くの心霊スポットで有名な
Sトンネルより怖く感じますよ・・・・・・
2012_0916_153204-P9164176.jpg
トンネルを潜ると広い空間が広がってるよ

右の砂利道の先は一昨年に見に行きました
まだまだ作ってる最中の短い林道でしたね

という訳で、道なりに真っすぐ進んで行きます
2012_0916_153734-P9164178.jpg
左の道はピストンダート
時間に余裕も無いので華麗にスルー♪
2012_0916_154207-P9164179.jpg
でっかい岩山ですなー
古座の一枚岩みたいやね

まだバイクでは見に行った事ないなぁ・・・
2012_0916_154450-P9164182.jpg
怪しい吊り橋発見

て言うか、一昨年見かけたんですけどね
その時はスルーしたけど今回は渡ってみよう!

まさか・・この吊り橋が過去最恐の吊り橋に
認定する事になるとはねぇ・・・・・
2012_0916_154503-P9164183.jpg

見た目凄い雰囲気だが、実際に渡るともっと凄いよ
予想以上に揺れるから思ってた以上に怖いんよね~
2012_0916_154551-P9164185.jpg
過去、例を見ない大きい隙間・・・・いや
隙間なんてもんじゃないですなコリャ(汗)
チワワやマルチーズとかの小型犬だったら
余裕で転落しちゃいますなぁ・・・・・

仮に足を踏み外しても針金に引っかかるから
下まで落ちんでしょうが、メッチャ体に針金が
食い込んで半端無く痛いでしょうな~

針金サビサビやし・・・・・・それに
2012_0916_154637-P9164188.jpg
足場板自体もアカンっぽい

揺れる、スカスカ、足場板割れるの三重苦!
2012_0916_154610-P9164186.jpg
この吊り橋はもう役目を果たしたのでしょうかね

立ち入り禁止的な標識や赤コーンが無かったから
渡りましたが・・・・・渡った本人が言うのも
なんですが、渡るのは相当デンジャラスですね
2012_0916_154712-P9164189.jpg

予想以上に怖い思いを経て辿りついたのは
草ボーボーの獣道でしたとさ!
元は林業関係者専用の吊り橋だったのかな?
2012_0916_155058-P9164190.jpg
この辺は安川渓谷でございます

美しい川を横目に先へ先へと進んで行きます
2012_0916_160743-P9164193.jpg
大塔林道を道なりに進んで行き県道219
2012_0916_163019-P9164196.jpg
このr219、なかなか良い道でしたよ
一部、怪しい者が居ましたがね
2012_0916_163346-P9164198.jpg
草むらの奥にある農作業小屋っぽい建物の奥に
佇む怪人物・・・・この画像ではわからんなー
拡大すると~
2012_0916_163408-P9164199.jpg
毎度お馴染みのリサイクルマネキン案山子です

幼い子が見たらトラウマになるんちゃうか?
2012_0916_164424-P9164204.jpg
ここを右に曲がるとR311なんだけど
またまた怪しい人物が・・・・・
2012_0916_164504-P9164205.jpg
カトちゃんケンちゃんの片割れの様です
眼の部分が昔懐かしいレーザーディスクやね

風でクルクル回転してましたよw
2012_0916_165135-P9164209.jpg
R311に合流後は少し北上して行き
道の駅ふるさとセンター大塔でホッと一息です

さて、ここからどのルートで帰ろうかな
最速で帰るのなら海沿いに出て、阪和自動車道
経由ルートかなぁ

しかし・・・どうせ海南辺りで渋滞すると思うので
山越えルートで帰還する事にしましたよ
2012_0916_173034-P9164213.jpg
R311を北上して行き県道198龍神中辺路線

2012_0916_173506-P9164214.jpg
r198からR425へ進んで行き、R371へ
目指すは高野龍神スカイライン!
2012_0916_180355-P9164219.jpg
黄昏時の龍神街道をひたすら進んで行きます

2012_0916_180539-P9164220.jpg
18時5分

道の駅 龍神の横を通過
2012_0916_181349-P9164221.jpg
18時13分

ここから先は一気に暗くなりましたよ
気温も一気に急降下!

闇夜の龍神スカイラインを駆け抜けて行くセロー
2012_0916_183609-P9164222.jpg
18時36分

闇に溶け込みしごまさんスカイタワーが見えてきた
2012_0916_183818-P9164225.jpg
2012年の春、道の駅に昇格した
田辺市龍神ごまさんスカイタワーに到着

まだまだ先は長い、小まめに休憩しないとね
2012_0916_185137-P9164231.jpg
夜の龍神スカイラインを疾走するのは久しぶりやな

ネックウォーマーが必要なくらい寒くなったので
タオルを首に巻いて、余分に持って来てた半袖の
シャツと防風インナー装備で万全を期しますよ
2012_0916_191636-P9164232.jpg
クルマは数台走ってましたがバイクは皆無でした
当然ちゃ~当然か・・・・・
2012_0916_193726-P9164238.jpg
19時37分

何事も無く高野山に到着

中の橋駐車場でトイレ休憩後、まったりと
夜の高野山界隈をふらつきました
2012_0916_194101-P9164242.jpg
根本大塔付近を徒歩で散策しましたよ

2012_0916_194333-P9164246.jpg
相変わらず赤過ぎるねぇ~

この辺、意外と夜でも人がいましたね
2012_0916_195102-P9164254.jpg
夜の高野山散策も乙なもんですよ
当たり前だが昼と夜では雰囲気が全然違います
2012_0916_194855-P9164250.jpg
夜も綺麗に写るカメラが欲しいもんです・・・

2012_0916_195527-P9164262.jpg

2012_0916_195621-P9164264.jpg
夜の高野山は凛とした厳かな空気が漂ってますね

2012_0916_200237-P9164266.jpg
ライトアップされた朱色の大門前にて
今回のツーレポはお終い!


いつも以上に長いレポになりました
長々とお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

しかずきんさん、こんばんは。
また今回も長旅でお疲れなことでした。

忘れかけていたR425全線走破、思い出しました。
さて、いつ行こうか・・・
あのジェット船、熊野交通の船長さんはハイテクニックだったでしょうか?

大塔川林道、ビクスク時代に某氏に自重を促すようなお言葉をいただいたような気がします。
龍神さんでうろちょとしないで、ここへ行こうと思いますが。

さすがは秘境ハンター、先へ進めない吊橋と分かっていても渡りきるもんです。

長らく晴天の下でのツーを見ていない気がしますが・・・
それでは、お疲れさんでした。
nmtr220さんへ

こんばんわ

ジェット船の運転手?さんはそつなく淡々と運転されておられましたよ

フラットで走りやすい大塔川林道ならビクスクでも慎重に走れば
完走できそうな気もしますが、オン車の方には気軽にお勧めできませんね
酷道走行に慣れたライダーならオン車でもいけそうかな?とは思いますけどね
最終的には自己責任の世界になるでしょう・・・

こんばんは~

ジェット船は乗ったことないので参考になりました。
途中で一度下船できるんですねー。
そこで出店なんかあって、「お金落としていってくださ~い」って感じ?

大塔川林道は、走った経験あるのですが、遠いので日帰りではつらいなーと思っていたんですが、なんか行けそうな気がしてきました。
帰りは真っ暗になってしまうでしょうが・・・(笑)

吊り橋も人が通って手入れされているところでも怖いのに、廃橋同然のところは、もっと怖いですねー(ふみ板とかアッサリ折れてしまいそうで。)
おお、瀞峡方面に行かれていましたか~!
R425から瀞峡へ抜けるショートカット路・・・俺が行った時は途中で道が崩落して引き返しましたが、今は通れるようになっているんですね。あの先はいずれリベンジですが、また雨とかですぐに崩れそうなのが怖いです(汗)それくらい山奥で道が良くないとこですもんねえ。

瀞峡へのジェット船は1度は乗ってみたいですね。以前に乗った川舟とは違う感覚でしょうし。もうちょっと値段が安ければとも思いますが。

あと、遂にあのホテルを視界に捉えましたね・・・。執心する理由をお分かりいただけました?(笑)
でも名前が瀞峡ホテルではなくて瀞ホテルですよ( ̄▽ ̄)(笑)
本来なら今年GWに再開して、念願の瀞ホテル宿泊を達成していたはずだったんですが、去年の台風の水害で建物の一部が流されてしまいましたからねえ・・・。営業再開の時期が延びたのは残念ですけど、一時はもう永遠に営業再開しないもんだと思ってたものですから、それに比べるとあと1年くらい余裕で待てます(笑)ああ、早くあの瀞ホテルに泊まりたいですよ。

大塔川林道はめちゃいい感じですね~。オンロードでも走れなくはなさそうですが、うちのバイクのタイヤがちょっとひび割れ入ってきたりしているので、タイヤを換えないとスロー走行でも怖いです。

最恐吊り橋・・・足場を踏み外すとか考えただけでも恐ろしいです。昔徳島のかずら橋も中々怖かったですがあれは管理されているから安心感みたいなのはあります。でもこれは・・・。御無事で何よりでした。

ごまさんスカイタワーは夜でも灯りが付いているんですね。なんでだろう?謎ですね。
お疲れ様でした~!
こんばんは。

何だかショートカットの道も、色んな道草の誘惑で、探検ポイントがいっぱいでしたね。
それにしても、秘境の吊り橋、怖すぎます。 何だか人通り(車の行き来)もなさそうだし、落ちても気づいてもらえなそうですよね。

大塔林道、山肌が崩れてきてますね。 舗装林道だからって油断したら冷や汗もんだということですね。 林道は日々姿を変える…。

瀞峡ジェット船乗り場、立派に復活しましたね。 モニュメントの水位の高さを見ると被害の大きさがわかります。 穏やかな瀞峡の川からの景色、良いですね。
紀伊半島の秘境テイストは凄まじいですね!
自分は素掘りトンネル好きなのでちょっとテンションあがりましたよ(・∀・)
千葉の房総半島も割と秘境じみているので、そのうち素掘りトンネルツーしてみようかと思いましたw
まんとさんへ

こんばんわ

ジェット船、まだ乗ってないんですか?
乗船料大人3千円ちょいはしますんで頻繁には乗れないんですが
3年後?くらいにまた乗りに行きたいですね~

途中下船できる河原の出店の方達は地元の方達みたいですね

大塔川林道までは遠いっちゃ~遠い距離ですけども、大阪市内からなら
日帰りでも問題無いでしょうね
林道に行く途中に寄り道三昧さえしなければですが・・・

エクシさんへ

毎度です

例のショート路はホントにショートカット出来てるんかな~?て感じの
クネクネ山道でしたね、険しいながらも面白い道でしたよ
次は反対側から行くのも一興ですね

ジェット船の乗船料はお高いですが、2時間たっぷり幽玄なりし瀞峡の雰囲気を十二分に味わえるので損はしない・・・と思います

おっと!瀞峡ホテルではなく瀞ホテルでしたか~
うっかり間違えてしまいました
面倒ですが~後で訂正しときましょうかねw
間違いを指摘いただきありがとうございます

それにしてもあのホテルの外観は凄いですね
再開された暁には当方も泊まりに行きたいですよ
今のうちに宿泊資金を貯めておこうっと!

大塔川林道、本来ならオン車ライダーに進めるのは躊躇してまうとこですが、百戦錬磨の酷道好きのエクシさんなら大丈夫でしょう
飛ばせば滑るのは当然ですが、それなりにゆっくり進んで行けばオンタイヤでも意外と行けちゃいそうですよ

とは言え~コケる可能性はゼロではありませんがね・・・最終的には自己責任でヨロシクw

今回渡った吊り橋は最恐の名に相応しいですね
さりとてこのレポの次の次の次の次のレポに出てくる某所の丸太橋も負けず劣らず最恐なので~ご期待あれ(いつになるやら・・・)

ごまさんスカイタワーの明かりは何時まで点いてるんでしょうかねぇ
8時頃には消えるんちゃうか~と勝手に思っていますよ
まぁ~別段、どうでもいいんですけどねw



bikenoriさんへ

こんばんわ~

今回走行したショートカット路は思ってた以上に楽しめましたよ
濃密な紀伊半島の険しき山道でしたね

吊り橋と言えば紀伊半島のお楽しみの一つですよね
今回渡った吊り橋はマイナーな存在ですけども味わえるスリルは一級品でしたね

大塔林道の方は舗装路なんですが、油断してたら危険な目に遭いそうな道でしたよ
雪が積もる真冬に走りたいもんですよ
あそこまで到達できるかどうか・・・・・

ジェット船乗り場が見事に立て直されたのは嬉しいですよね
別に船に乗らなくても道の駅ぽく利用できますしね♪
地元の方も喜んでおられる事でしょう
たっつんさんへ

こんばんわ

四国とかも秘境テイストが凄いですけど、紀伊半島も負けていませんよ~
こちら方面に来られる際は、素掘り林道を存分に堪能していただきたいですね

そういやアウトライダーというバイク雑誌に房総半島の秘境チックなエリアを紹介していましたね
いつの号に掲載されてたのかは失念しましたが・・・・
紀伊半島の勝浦が好きなんで房総半島の方の勝浦にもいつか行きたいですよ

管理者のみに表示

トラックバック