FC2ブログ

同行二人 千年の道を往く 4  


2013_0504_142322-P5042411.jpg
5月4日(土)

阿波の国・発心の道場のお遍路転がし区間

「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」

今回は、お鶴と太龍に挑みます

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2013_0504_103536-P5042228.jpg
バイクお遍路 八十八ヶ所巡り

2013_0504_104704-P5042232.jpg
阿波の国・発心の道場編その4


立江寺近くでうすかわ饅頭を購入しよかと思ったが
あいにく売り切れだったので栗饅頭と赤飯を購入!

2013_0504_105025-P5042235.jpg
四国八十八ヶ所霊場 第19番札所

     立 江 寺


2013_0504_110912-P5042254.jpg
巨大草鞋と仁王像のツーショット♪

2013_0504_105130-P5042236.jpg
上手く説明できないけど、建物の配置が
きっちりしてる感じのお寺ですなぁ

2013_0504_105249-P5042241.jpg 2013_0504_105208-P5042238.jpg

2013_0504_105612-P5042243.jpg
南海フェリーの萌えの魔の手がここにも!

2013_0504_110037-P5042246.jpg 2013_0504_110123-P5042247.jpg

2013_0504_110845-P5042253.jpg

お接待です、お好きなものを一つもらってください
と、張り紙が貼られていました

コースター、コイン入れ、眼鏡立て等々

当方、眼鏡とコンタクトを使用してるので
眼鏡立てを一ついただきました

2013_0504_111249-P5042257.jpg
左の和菓子屋も気になるけども、次の札所の
鶴林寺へと向かいますぞ

2013_0504_112231-P5042260.jpg
次の札所までの距離は結構遠い

何処か適当なとこで休憩しようか

2013_0504_112428-P5042262.jpg
右に曲がれば鶴林寺

左に曲がると太龍寺

2013_0504_112649-P5042265.jpg
当然右に曲がりましたけどね

おや・・・・食事処・・たこ焼き?

仮設テントの店舗ですか~
これは意外と面白そうかも・・・・・

2013_0504_115109-P5042267.jpg
仮設テントの奥には普通の建物がありましたね

たこ焼き以外のお食事はそこで調理するみたい

普通のうどんや焼きそば、丼物もありましたけども
ここはチープにたこ焼きを注文しました

この選択は大正解でした

2013_0504_114250-P5042266.jpg
なにこれ・・・・めちゃ美味いんですけど~!

今まで食べた全てのたこ焼きの中では
一番美味いんじゃないか?

認めたくないが、奈良県東吉野村にある
きくやのたこ焼きより美味い・・・かも

味もさることながら驚異的なのは、たこ焼きを
焼いてたのが中学生くらいの男の子だった事!
おそらく親の手伝いで焼いてるんでしょうね

あまりやる気の無い感じで焼いてる様に見えた
けど、これほどの美味さにカリッと焼き上げるとは
なんとも末恐ろしい子じゃあ~りませんか!!

選ばれしタコ焼きの神の子・・・・・・?


2013_0504_115252-P5042269.jpg
徳島のこんな山奥で、絶品たこ焼きを頂けるとは
驚きましたね~あそこに寄って良かったですよ

しかし・・・・困ったね~
頻繁に来れる場所ではないからなぁ

是非また食べに来たいとこやけども
これから先のお遍路行程では、この付近を通る
事は無いからなぁ~

2013_0504_115956-P5042270.jpg
ところで雲行きが怪しくなってきやがった

降るのかい?小雨程度なら歓迎するけどね
2013_0504_120107-P5042272_20130626102654.jpg
河原の方・・・・走れそうやな

走りたい気もするけど、今は我慢の子!

2013_0504_120308-P5042274.jpg
あれは・・・・案山子かな?
それにしては表情が生々しいな

2013_0504_120347-P5042276.jpg
なんともリアルな出来栄えですね
どうやって作ったんやろか?

3Dプリントか何かかな?

2013_0504_120721-P5042278.jpg
12時07分

道の駅 ひなの里かつうら前を通過~♪


2013_0504_120831-P5042279.jpg
車道で・・・・あと5キロですか

この先には手強い山道が待ち受けている
対向車に気をつけて慎重に行かんとね

2013_0504_121013-P5042283.jpg
では参ろうか、お遍路転がし区間へ

2013_0504_121145-P5042285.jpg

2013_0504_121155-P5042286.jpg
徐々に高度を上げて登って行きます

2013_0504_121256-P5042288.jpg
ガードレールがある時~(^u^)

2013_0504_121809-P5042296.jpg
ガードレールが無い時~(-_-)
(某551の豚まんCM風)

2013_0504_121419-P5042291.jpg
前方に先行する車が・・・・
こういう時は十分に車間距離をとらんとね

狭い区間で対向車が来た時に後ろにバイクが
居るのに気づかずバックしてくる車がたま~に
居てるからね~気をつけないと!

2013_0504_121547-P5042293.jpg
勾配も急になって、路面も良い感じに荒れてきて
いかにも秘境チックな雰囲気になってきました

2013_0504_121719-P5042295.jpg
素晴らしい風合いの石垣ですね

2013_0504_121624-P5042294.jpg
道路外にも素晴らしい石垣がありましたよ

紀伊半島の方にもこんな石垣があったなぁ

2013_0504_121920-P5042297.jpg
鶴峠に到着

鶴林寺はもう少し上の方みたい
峠の更に上の方にあるなんて何気に凄いねぇ

2013_0504_122515-P5042301.jpg
鶴峠から先は勾配が更に激しくなっていきました

あまりに傾斜が厳しいので、エンジンから凄い
轟音が鳴り響いてきやがりましたぜ(汗)


一番酷い場所では歩く速度より遅い感じで
登坂して行く有り様・・・・・・

エンジンが壊れそうで心配でしたよ

2013_0504_122558-P5042302.jpg
なんとか駐車場に到着できました

こんなとこまで配達とは~クロネコさんも大変ね

2013_0504_122710-P5042303.jpg
ここで立江寺近くで購入した赤飯をいただく!

たこ焼きだけではね~さすがに腹いっぱいには
ならないから仕方ないんよ


2013_0504_123414-P5042306.jpg
四国八十八ヶ所霊場 第20番札所

     鶴 林 寺

2013_0504_123609-P5042312.jpg

2013_0504_123826-P5042316.jpg 2013_0504_124124-P5042324.jpg

2013_0504_123753-P5042315.jpg
恐ろしい形相の不動明王像やなぁ

2013_0504_123845-P5042318.jpg
凄い年季の入ったお堂やね

2013_0504_124000-P5042320.jpg
今回のお遍路でも階段地獄を味わえるのか

ありがたいねぇ~w

2013_0504_124039-P5042321.jpg

さすがに鶴と名が付く寺だけあるね

2013_0504_124056-P5042322.jpg 2013_0504_124111-P5042323.jpg
立派な鶴の像が2羽ほど鎮座してました

2013_0504_124449-P5042326.jpg

2013_0504_125605-P5042334.jpg
ご朱印と黒書をいただいて、鶴林寺にお別れです

次の札所は西の高野と言われている
太 龍 寺

ここも鶴林寺同様に険しい区間・・・・・

2013_0504_130407-P5042338.jpg
帰り道は坂を下って行くだけなので
非力なエンジンには優しいですわなぁ

行きは良い良い帰りは怖いの逆ですね

2013_0504_130659-P5042339.jpg
次の札所へはロープウェイで無いと、太龍寺の
近くまでは行けないらしい

まぁ、厳密に言うと~寺の建つ山の中腹に駐車場が
あるらしいんだけど、そこに行くまでの山道が
かなり分かり難くて、駐車場から札所までは
1キロばかり厳しい登山道を登って行かないと
到着できないみたいです

今回はお金が多少掛かってもロープウェイで
のほほんと行く事にしましたよ

2013_0504_131211-P5042341.jpg
む~ん・・・小雨が降ってきたね

この程度ならどうって事は無いけども

2013_0504_131358-P5042343.jpg
割と本格的に降って来ましたのでね
休憩がてらに雨宿りタイムっす


雨宿りのついでに今回の相棒を紹介しますか

2013_0504_131602-P5042347.jpg
リトルカブ(排気量50cc 3速セル無し)

去年の11月中旬、某ヤフオクにて
3万8千円でGETしました

当方のツーリングレポート内に姿を現すのは
今回が初めてですけども、実は去年の暮れ
から今年までのR480積雪鍋谷峠走行は
全てこいつの仕業だったりします

2013_0504_131635-P5042348.jpg
リアボックスは以前セローに付けていた物です
前回のアドレスDEバイクお遍路でも付けてました

ボックスだけ前回に引き続き同行二人ですねw

で、赤いロープ状の物はゴジラロックです
シートには以前セローのシートに装着していた
ゲルザブを使用しております

ハンドル下にはセローのサイドバックサポートに
必要に応じて取り付けているリュックを装着

至る所にセローの遺産を受け継いでいますなぁ

遺産と言ってもセローはまだまだ健在ですけどねw

2013_0504_131803-P5042350.jpg
で、カブを購入した動機ですが・・・


なんとな~く前から乗ってみたかった
(40%)

去年、水曜どうでしょうにハマった影響
(40%)

カブって意外と雪道走行とかいけるんじゃね?
真冬の鍋谷峠の雪道走行専用で買おっかな~
(20%)

まぁ・・・大体はこんな感じでしょうかね


少し脱線しますが、我がリトルカブやんの
華麗なる雪道激走画像カモ~ン!

2012_1209_103236-PC096057.jpg 2012_1209_105934-PC096080.jpg
2012_1209_104557-PC096066.jpg 2012_1209_105408-PC096074.jpg
白雪鍋谷峠死闘編

DSCN1003.jpg
難攻不落の七越峠に沈むリトルカブやん

2013_0120_122117-P1207290.jpg 2013_0120_122758-P1207291.jpg
2013_0120_125039-P1207314.jpg 2013_0120_125627-P1207317.jpg
白面蔵王峠~堀越観音攻略編


車体が軽いと言うのは積雪の道を走行する上では
ブロックタイヤ以上に強い武器になりますね

足付きもこれ以上は無いと言うくらい良いですし
滑ってどうしても登れない所は、我が犬の力で
どうとでもなるからね (意味分かるかな?)


ちなみにこちらが当方の株ブログです
お暇な時にでもどうぞ~

脱線終了!
お遍路モードに戻ります

2013_0504_133101-P5042355.jpg 2013_0504_133238-P5042358.jpg
微弱な小雨状態になってきたね

リトルカブやん再発進!

2013_0504_133320-P5042359.jpg 2013_0504_133340-P5042360.jpg
看板や標識がなかなか出てこないので
この道で正解なのかどうか・・・・?

2013_0504_133542-P5042363.jpg
よしよし!正解でしたな

2013_0504_134125-P5042368.jpg
太龍寺ロープウェイ乗り場に到着

道の駅 鷲の里も併設してますな

2013_0504_134841-P5042372.jpg
ロープウェイ乗り場の建物内になんか居たっす

あれか・・・・ゆるキャラですか?

2013_0504_134858-P5042373.jpg
お遍路案山子ガールと・・・ワジキ・・君?

こいつの頭上には、セロー乗り的視点で見ると
なんとも複雑な飾り物が・・・・・

2013_0504_134914-P5042374.jpg
1万円くらいなら欲しい気もする・・・か?

2013_0504_135037-P5042375.jpg
えっ!・・・・え?・・・・まじでか?

ちょっと・・・・・・高くね?

まさかね~こんなにするとは予想外やん(汗)
せいぜい往復1600円くらいかと・・・・・

2013_0504_135536-P5042378.jpg
大型ロープウェイでは西日本一の長さ

日本初の山越えロープウェイ

世界一の規模を誇る支柱


ふ~ん、色々と泊が付いていますなぁ
運賃が高いのにも理由があるのね

2013_0504_135714-P5042379.jpg
では乗りましょうかね

あまり人が居ない感じに写っていますが
後ろにずらっと並んでいますよ

2013_0504_140156-P5042383.jpg
ロープウェイに乗るのは久しぶりやなぁ
運良く前の方に陣取れてゴキゲンですわ

高所恐怖症の方には地獄の光景か・・?

2013_0504_140254-P5042384.jpg
ゴンドラに乗っている間は女性ガイドさんが
太龍寺の歴史や周囲の山々の事などを細かく
解説してくれますよ

2013_0504_140513-P5042387.jpg
あれが世界一の1号支柱(鉄塔)ですか

鉄塔は男のロマン・・・・・かな?

2013_0504_140521-P5042388.jpg
なるほど確かに巨大な支柱やなぁ

個人的には赤い色の方が、あまるべチックで
良いんだがねぇ・・・・人気も出るかも?

2013_0504_140607-P5042389.jpg
下りのゴンドラが接近してきたぞ

2013_0504_140613-P5042390.jpg
すれ違う時、お互いにガン見状態なのは
お約束と言えましょうw

あと、手を振ったりとかね

2013_0504_140727-P5042392.jpg
ゴンドラガイドさん、色々と興味深い情報を
語られていたけど、一番興味を引いたのは
もうすぐ前方の山肌にニホンオオカミ像
見えて来ますと言うアナウンスでした

こんな所にもあの御仁の像があるとは驚いた
しかも・・・・・・

2013_0504_140749-P5042393.jpg
群れてるじゃねえか!!


1・・・・2・・・・3・・・・・・5頭も!
こりゃ驚いたね~予想外な出来事ですわ

てっきり東吉野村のニホンオオカミ像みたいに
一頭ぐらいだと思ってたからなぁ

2013_0504_140753-P5042394.jpg
ゆっくり後方に消えて行くオオカミの群れ

うわぁ・・・・あの場所に行きて~なぁ~!

どう考えてもバイクでは無理やろうけども
徒歩でならなんとか行けるのかなぁ?

今日・・・無理か、いや~無理ではないが
本来の目的はバイクお遍路やからなぁ
どうしてもと言う訳でも無いけど今日中に
徳島の全札所は終わらせときたい・・・・
2013_0504_140948-P5042396.jpg
明日・・・・いやいや!止めとこう
あくまでも今回はバイクお遍路を重視!
それか~歩き遍路の時の楽しみに取って
おこうかなぁ?


いつ行くの?

いつかでしょ!(東進ネタ、もう古いなw)

2013_0504_141136-P5042397.jpg
煩悩全開でモンモンと考えている間に
太龍寺側ロープウェイ乗り場に到着だ!

到着時は予想以上にゴンドラに衝撃が来るから
要注意でございますよ!

御存知、大泉洋氏も四国お遍路巡りの時に
衝撃で転倒しそうになってましたからねw

2013_0504_141422-P5042400.jpg
四国八十八ヶ所霊場 第21番札所

     太 龍 寺
2013_0504_141526-P5042403.jpg
14時15分

素敵な石段がお遍路さんをお出迎え

ありがたい石段をここでも味わえますなぁ
嬉しくて膝が笑ってきますなぁ・・・・

2013_0504_141508-P5042402.jpg 2013_0504_141544-P5042404.jpg

切幡寺でもあったなぁ

女厄除け坂と男厄除け坂

とりあえず男厄除けの方に5円玉を納めました
これで数年後の厄年も大丈夫に違いない!

2013_0504_141652-P5042406.jpg
ここはお遍路さんとより普通の観光客が
他の札所より多かった気がしますね

他の札所より見所が多いからでしょうかね?

2013_0504_142144-P5042409.jpg 2013_0504_142345-P5042412.jpg

2013_0504_142556-P5042417.jpg
にゃんこ特盛り太龍寺♪

2013_0504_142531-P5042416.jpg
霧の様な小雨が降っているのが
逆に良い雰囲気を醸し出してました

2013_0504_142822-P5042420.jpg
柱の上部にある飾りが素晴らしいなぁ

2013_0504_142804-P5042419.jpg
狛犬?

太龍寺だから龍神様なのかな?

2013_0504_143336-P5042430.jpg
それにしても良い雰囲気の寺です

焼山寺同様、また来たいですね

2013_0504_143208-P5042428.jpg
階段が多いお寺です

2013_0504_143358-P5042432.jpg
秋は紅葉が凄そうですね

2013_0504_143127-P5042426.jpg
天気が良いと大鳴門橋が見えるらしい

小雨が降ってるこの日は見えんとよ

2013_0504_144409-P5042436.jpg

階段好きにはたまらぬお寺よのぅ
(そんなやつ居るんか?)

2013_0504_144034-P5042435.jpg
カッコイイ太龍寺ステッカーを2つ購入

2013_0504_144745-P5042439.jpg
ロープウェイの巻き上げ機械

でかい滑車ですね~

大きい事は良い事だ♪

2013_0504_144722-P5042438.jpg 2013_0504_145824-P5042442.jpg
名残惜しいが、そろそろ下界へ帰ります

西の高野の異名、伊達では無かった!

2013_0504_150209-P5042447.jpg
帰りのゴンドラ内で見た巨木

なんでも樹齢4~5百年らしい
戦国時代からそびえ立ってるんですね

2013_0504_150357-P5042449.jpg
帰りもオオカミの群れを撮影

いつの日か・・・・あの場所に!

2013_0504_150951-P5042450.jpg
下界のロープウェイ乗り場に帰還

太龍寺ロープウェイ!見事でした
もう少し料金が安ければいいんだけどなぁ

2013_0504_151257-P5042451.jpg
15時12分

さて、阿波の国の札所もあと二つ
なんとか今日中に周れそうやね

2013_0504_151416-P5042452.jpg
お、我がセローの横に赤いバイクが停まってるね

2013_0504_151435-P5042453_20130701224947.jpg
あら?・・・・タイヤの形がいつもと違くね?
(しらじらしいw)

2013_0504_151456-P5042454_20130701224946.jpg
なんぼ寝不足でもね~自分のセローと間違える
訳がありませんわなぁ~

それにしても綺麗なセローですね
大事に乗られてるんでしょうな

自分のセローとは大違いですな
帰ったら洗車してやろっと!

この素敵なセローの持ち主様!
勝手に写真を撮ってすいませんでした

あまりにカッコイイバイクだったので、ついw

2013_0504_151844-P5042456.jpg
さっきのスタイリッシュなセローと比べたら
見た目の着膨れ感が半端無いですな

積載性能も半端無いけどね!


さて、阿波の国の札所も残るは二つ
5時までには二つとも回れそうやな

その後は、今夜の宿を探さないとね

どこか適当なとこで民宿かホテルに泊まれたら
良いんだけどねぇ・・・・・さてはて?


次回に続く・・・・
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

こんばんは~
田舎のお寺の接待の日に出くわすと、お得でウレシイですね。
たこ焼きもそんなに美味しいならどんなものか気になります。
(まだきくやのたこ焼きも体験してないんですけどね~)

そして、今回はスペシャルなツーリング仕様のリトルカブだったんですね~
カブずきんと名乗っているサイトがあるとは・・・精力的に活動されていますね~
もしかしてアドずきんとか云うのもあったりして~

ロープウエイの往復2400円は知らずに行ったら、躊躇する値段ですね。
お遍路中なら有無をいわず乗るのでしょうが。
オオカミの群れには笑いました。あれ全部銅像なんでしょう?
お遍路縛りがあるので好き勝手に寄り道できないでしょうが、2回目突入の際の楽しみが出来ますね。

まんとさんへ
おばんです~

お遍路中のお接待はありがたいもんですね
歩き遍路の方が、飲み物や食べ物をお接待で
いただいたのなら尚更でしょう

あそこのたこ焼きは冗談抜きで美味しかったですね
大阪~四国が陸続きならば、ラー河同様に頻繁に
通いたいほどの美味さですよ

スペシャルツーリング仕様・・・・ですかw
言葉の響きではゴージャスな感じですなぁ
でも、実際にはもっさい見た目の中古カブですからねw
まったり遍路するには丁度良い相棒ですよ

アドずきん・・・・語感がスマートでないですなw

ロープウェイの運賃は調べてなかったので驚きました
まさか2000円オーバーな値段がするとはねw
家族連れで太龍寺に行ったらヤバいですよ

と言う訳で、まんとさんはお子様方と行ってみて下さいませ~w

オオカミ像、おそらくは銅像でしょうね
次にあの辺に行くのが楽しみですよ!
こんにちは。

やはり、しかずきんさんはかぶずきんさんでもあったんですね。
雪の鍋谷峠の記事やハンドルネームを見て、もしかして、と思ってました。

太龍寺のロープーウェイはすごく揺れなかったですか?当方が乗ったときは、風が異様に強くて、風でゴンドラが斜めに傾斜した状態でスピードを落として1号支柱付近を通過したことをよく覚えています。
狼の像には残念ながら気が付きませんでしたが・・・。

ちなみにフロントキャリアは、単なる「網」なんでしょうか?
徳島に伏兵現る?
鶴林寺への途中にあったという仮設テントのたこ焼き屋・・・きくやをも凌駕かも?・・・ですか~!
食べてみたいと思いますが、いつになることやら(笑)

r16沿いの生々しい案山子・・・夜に見たらめちゃ怖いです。昼間でもちょっと・・・(笑)おっしゃる通り最近話題の3Dプリンターとかを使っているのかもしれませんね。

かぶずきんさん・・・そんな世を忍ぶ仮の姿をお持ちとは!(笑)2つのブログを滞りなく更新とはすごいですね。

太龍寺は面白いアプローチで興味深いです。お遍路とは関係なく行ってみたいですよ。ロープウェー好きですし。確かに料金を見たら「えっ」と思いますけど、あのオオカミ像を複数見れるなら安いもの(そこじゃねえ:笑)
西の高野という異名にふさわしい立派な寺ですね。

続きも楽しみにしてますよ~
フェリー
こんにちは。
GWに同じフェリー乗っておられたんですね。
当方は初めてやったんで楽しくも緊張しました。

今度から四国へはフェリーで行きますよ。

リトルカブでの参詣も楽しそうですね。
私もいずれ西国三十三所は回ってみたいと思ってます。

そん時はカブが欲しいですね。
OPAさんへ
こんばんわ~

当ブログの訪問者リストを見て、OPAさんは気づいてるのでは?と思っていましたが、やはり気づかれていましたかw

まぁ~ハンドルネームや雪の鍋谷峠などの記事を見ればバレバレでしょうからねw

太龍寺のロープウェイ、さほど揺れてはいませんでした
この時、風は吹いていませんでしたからね~

オオカミ像の存在はロープウェイガイドの女性がアナウンスで教えてくれましたよ
OPAさんの時はガイドが居てなかったんでしょうかね?
それか~オオカミ像はまだ設置されてなかったのかも・・・

フロントキャリアの網は百均で購入した壁とかに掛けるタイプの網ですね
網は2枚に重ねて、百均のブラケット数本で支えている状態ですわ

見た目はもっさい感じですが、何気に便利ですよ!
エクシさんへ
鶴林寺途中のたこ焼き屋さん、寄って良かったですよ

あの時の旅先でのテンションや空腹状態を考えたら
何を食べても美味いと感じるかも知れませんが、それを差し引いても文句無しに美味いたこ焼きだと個人的には思っていますよ

あのたこ焼き屋さんには再び食べに行きたいですね


r16道中の案山子、3Dプリンターは大袈裟かもしれませんが、なかなか手の込んだ作りですね
生々しい見た目は確かに夜に見たら怖いかもしれません・・・

例のカブブログ、こちらと比べたら若干マイルドな感じに仕上がっておりますよ

とは言え、カブの初テスト走行の回はディープですけどw

あちらで紹介してる「くまそば」なんかはエクシさん好みな古民家のお店です
気が向いた時にでもみて下されば幸いです~


太龍寺はお遍路抜きでも寄って損は無いですね
ロープウェイはお高いですけど、孤高の狼軍団も見れますしw高野山とはまた違った厳かな雰囲気は素晴らしかったですよ

次回も「しかずきん」らしい行動をしてますので、ご期待下さいませ~!
chiharuさんへ
こんばんわ~

chiharuさんとは一日違いで南海フェリーに乗りましたよ

船旅は良いもんでしょ?のんびり体を休んでの四国上陸は格別なもんです

リトルカブでのお遍路はとりあえず今回だけかもしれません
これから四国の東側を巡回して行くので、馬力不足な当方のリトルカブでは厳しいですね
香川県ぐらいに差し掛かったらリトルカブ再投入もあるかも・・・・?

西国三十三ヶ所も面白そうですね
近畿圏内ならカブでも全然余裕で巡礼できそうです
No title
その点 セローはぐいぐい上りを攻めてくれました鶴林寺 思い出すね~、もう少し走りたかった位。
太龍寺はこんなところでしたか。
ゴンドラを見送ったところで良しだったわけで、詳細を拝見して完全行った気分。
いただいたHNをぽちすると 指定記事に飛ぶんですね 私と違う真摯な取り組みの写真や文章で違う視点が楽しめました。
ありがとうございます。 
SAMさんへ
さり気無い指定記事ですけども、お気づきになられて幸いですw

仰る通りセローならば、鶴林寺に続く山道は面白い事でしょう
50ccのカブで行く道ではありませんねw

太龍寺のゴンドラは結構高いですよね
メンテナンス経費が掛かるんだろうけど
もう少し安くしていただきたいとこです

管理者のみに表示

トラックバック