FC2ブログ

同行二人 千年の道を往く  6


2013_0505_084056-P5052808.jpg
5月5日(日)

阿波の国の霊場巡礼を終えて
次に巡るは土佐の国・修行の道場!

さてはて、この日は何処まで行けるかな?






2013_0505_040511-P5052611.jpg
4時05分

いやはや・・・・夜はかなり寒かった!

一応、大目に服を着てシュラフの中に入っては
いたけど~夏用シュラフなので冷気を十分には
防げなかった!

あまりに寒過ぎて夜中に何回も目が覚めました
普通に宿に泊まっていたら良かったと何回も
後悔しましたよ・・・・・やれやれ(汗)

2013_0505_044605-P5052612.jpg
前日にコンビニで購入していたロールパンと
ホットのミルクティーで朝食を軽く済まして
まだ薄暗いR55土佐浜街道を室戸方面に
トコトコと進んで行きます

走る前はクソ寒くてかなわんかったんですけども
いざ走り出すと意外に寒さが気にならなくなるから
不思議なもんですねぇ~

2013_0504_163911-P5042503.jpg
右上の徳島県の薬王寺から
次に目指すは高知県は室戸岬の最御崎寺!

四国遍路の中では札所から札所が1番遠い区間
眠気覚ましには丁度良い!(強がりw)

2013_0505_045254-P5052614.jpg
バイクお遍路 八十八ヶ所巡り

2013_0505_050004-P5052615.jpg
土佐の国・修行の道場編その1

2013_0505_050259-P5052616.jpg
5時02分

朝靄の湧き立つ山間の道を疾走して行く

2013_0505_050513-P5052618.jpg
なんか凄いとこやな~

コインスナック・・・・寄ってみるか

2013_0505_050719-P5052620.jpg
おぉ~!ぽてパリくんじゃないか!

ほんの4日前に瀬戸大橋近くで見かけた
珍しい自販機を四国の地でも見かけるとはね

まぁ~今回も利用はしないけどねw

それより今は横のカップヌードル自販機やな
朝飯がパンだけでは若干物足りなかったので
カップヌードルを一ついただきましょうかね

2013_0505_050903-P5052621.jpg
おいおい・・・・・まじでか!

割り箸が無いんかよ~ウソでしょ?
どないして食べたらええんよこれ・・・・

2013_0505_050948-P5052622.jpg
熱湯を入れる前に気づいたのは不幸中の幸い?

仕方ない・・・・道中何処かのコンビニで
お湯と割り箸を調達しようかね
(結局は自宅で食べたんですがねw)

2013_0505_050536-P5052619.jpg
コインスナックの前から見える
朝靄の風景でも見て癒されようっと!

2013_0505_051319-P5052623.jpg
癒された所で再スタート!

2013_0505_052426-P5052627.jpg 2013_0505_052524-P5052629.jpg

2013_0505_052645-P5052630.jpg 2013_0505_052714-P5052631.jpg
5時27分

とあるトンネルの手前で気になる看板を発見
なんとなく様子を見に行ってみる事にした


この行動・・・・・・・・・・大正解でした

2013_0505_052725-P5052632.jpg
ほうほう・・・あれですか

2013_0505_052738-P5052633.jpg
早朝だから誰も居ないねぇ
一応ここでも野宿は出来そう・・・

ん・・・新聞が貼られてるけど・・・・?

2013_0505_052800-P5052634.jpg
コンクリ製で国内最古・・・?

牟岐・松阪隧道・・・・・へぇ!
これは激しく気になるなぁ~

国内最古という言葉がなんとも魅力的!

2013_0505_052854-P5052637.jpg
どうも・・・この先にあるみたいですわ
これは寄らずにはいられないな

古江トンネルを越えた先にある町道を
進んで行くと国内最古の隧道があるのね

とりあえず古江トンネルを目指しますか

2013_0505_053426-P5052644.jpg
内妻海水浴場を横目にR55を進んで行く

早朝の海沿いの道は気持ち良いね~♪

2013_0505_053527-P5052646.jpg
内妻トンネルを潜り、古江トンネルへ

2013_0505_053623-P5052647.jpg
古江トンネルを越えて旧道へIN!

今は旧道なんだろうけども、昔はここが
R55だったんでしょうね

2013_0505_053711-P5052649.jpg
それにしてもナイスな眺めですね

旧道と言えど侮れん!

2013_0505_053815-P5052652.jpg
5時38分

旧道をトコトコ登って行くと・・・・あれか!

2013_0505_053830-P5052653.jpg
上のバーの高さが3.7mと言う事か

クレーン車では到底無理な訳ですわな
そんな車両がここを通る事は無いでしょうけど

2013_0505_054006-P5052657.jpg
牟岐・松阪隧道

これが国内最古のコンクリ製道路トンネルか
かなり頑丈そうな造りですね

90年以上も前に建てられたにも関わらず
そんなに朽ち果て感は無いですね

2013_0505_053952-P5052656.jpg
近くには記念碑が・・・・・・

2013_0505_053907-P5052654.jpg

2013_0505_054153-P5052661.jpg
隧道掘削時の写真

この時代は木の足場だったんですね

て言うか、左下の写真の右の方に写ってるのは
車輪付きの大砲かな?

大砲で隧道を掘ってた・・・・?
まさかねぇ~

2013_0505_054125-P5052659.jpg
完成時の写真ですね

この時は路面は砂利道だったのかな?

2013_0505_054125-P5052659.jpg 2013_0505_054006-P5052657.jpg
      1921年              2013年

時の流れを感じさせますねぇ・・・・・・

2013_0505_054223-P5052662.jpg
隧道を潜って反対側へ向かう

2013_0505_054326-P5052664.jpg
反対側も似た様な風貌ですけども

2013_0505_054408-P5052666.jpg
煉瓦っぽい色が塗られていますなぁ
所々は剥がれていますけどね

煉瓦製に見せる為の演出かい?

2013_0505_054506-P5052667.jpg
ここにも説明パネルがありました

滋賀県の百瀬川隧道とやらも興味深いね
機会があればそっちも見てみたいもんだと
色々考えていたら~急に背後から足音が!

2013_0505_054524-P5052668.jpg
割と本気でビックリしましたよ!
早朝ジョギングの男性でした

カブのエンジンを掛けた状態だったので
接近に気づきませんでしたわ 

2013_0505_054543-P5052669.jpg
隧道の闇に同化する黒き衣の走る男・・・・

隧道内を走行中に会わなくてなくて良かった
そっちの方が怖いからね・・・・  

2013_0505_054632-P5052671.jpg
隧道の近く居ておられました

かずら大師

この先のお遍路旅の無事をお願いして
松阪隧道を後にします

2013_0505_054719-P5052673.jpg
旧道に差す朝日の光が素晴らしい~♪

2013_0505_055108-P5052676.jpg
R55に復帰~!
再び室戸岬近くの札所を目指します

右の看板・・・・鯖大師本坊ですか
そういやそんなんあった様な気がするかも?


寄り道癖が疼いてきやがるぜ・・・w

2013_0505_055127-P5052677.jpg
お!さきほどの黒き衣の走る男さんですやん

この御仁、何処まで走るのかな?
まさか、室戸岬までじゃあないだろうなぁ~

2013_0505_055155-P5052679.jpg
海陽町へ進入です

高知県の室戸市までもう少しやね

2013_0505_055206-P5052680.jpg
この日は、申し分無しの好天に恵まれそう

2013_0505_055327-P5052681.jpg
5時53分

この先にあるんか・・・・鯖大師本坊

八十八ヶ所の霊場では無いけれど
寄ってみる事にしました

2013_0505_055353-P5052682.jpg
R55からJR牟岐線の線路下を潜って行き、
少し山の方に進んで行くと現れてくるのが

2013_0505_055430-P5052683.jpg
この護摩堂です

ん・・・どこからかお経が聞こえてきますね
直ぐ近くでお坊さんが般若般若心経を唱えてる?

2013_0505_060340-P5052690.jpg
あのスピーカーから聞こえてくるなぁ

どうもリピート般若心経みたいですな

2013_0505_055752-P5052687.jpg
このお堂には馬頭観音様が祭られてる様です

交通安全・・・・バイク遍路的には外せない!
この先の旅の安全を祈りましょうかね

2013_0505_060801-P5052695.jpg

2013_0505_060830-P5052696.jpg
どうか無事に高知県の札所を回れますように!


それにしても恐ろしい形相・・・・・・

2013_0505_055930-P5052688.jpg

怒りの相は慈悲が最も深い・・・へぇ

最後の四行の交通地獄て凄い例えですね

2013_0505_060457-P5052692.jpg
この御仁にも旅の交通安全をお願いしました

南無大師遍照金剛~!

2013_0505_060615-P5052694.jpg
次は本堂の方へ向かいました

2013_0505_060553-P5052693.jpg
四国霊場 番外札所

鯖 大 師 本 坊

2013_0505_061032-P5052697.jpg
凄い迫力の仁王像ですなぁ

脇腹の筋肉・・・厳つ過ぎやろ!

2013_0505_061052-P5052698.jpg
こっちの方も力強い出で立ちですね

陳腐な褒め言葉だけど、ここの仁王像は
メチャかっこいいな~!

2013_0505_061115-P5052701.jpg
本 堂

2013_0505_061216-P5052703.jpg
大師堂の中には、両手に鯖を持った
弘法大師像が居られました

2013_0505_061246-P5052705.jpg
鯖絶ち三年祈願ですか・・・・

鯖が好物だったとは知りませんでした

2013_0505_061445-P5052706.jpg
お砂ふみ道場・・・見てみたかったんですけどね
あいにく閉まっておりました

まだ早朝の6時だから当然でしょうね

2013_0505_061912-P5052711.jpg
ならばこっちの方に参りましょうか
眺望絶景という言葉がそそられますね

朝から階段登るのも乙なもの・・・?

2013_0505_062028-P5052715.jpg
良いタイミングで電車が来ましたな

撮り鉄マニアには良いポイントかもね

2013_0505_062135-P5052718.jpg

石仏群が見えてきました

少し前にR308暗越奈良街道付近で見かけた
石仏群を思い出しますね

2013_0505_062329-P5052721.jpg

2013_0505_062237-P5052720.jpg
鯖を持った太師像も居られました

2013_0505_062430-P5052724.jpg
荒い石段を登って行きますと
見えてくるのが・・・・・・

2013_0505_063054-P5052732.jpg
この素晴らしい景色です

なるほど確かに眺望絶景と言えましょうね

2013_0505_063201-P5052735.jpg
この辺が八坂八浜なのかな?

左に見えるのは出羽島・・・・?

2013_0505_063121-P5052733.jpg
これから走るであろうR55も見えますね

あの奥の山の先に室戸岬があるんですなぁ

2013_0505_063420-P5052736.jpg
さて、リトルカブの方に戻りますか

登りより下りの方が転倒する確率が高いので
ゆっくり慎重に降りて行きました

2013_0505_063821-P5052738.jpg
リトルカブを停めている駐車場近くで
お遍路3人組を見かけました

この日に見かけたお遍路さん その1

左端の方は普通のお遍路服装
真ん中の方は普通の服装
右端の方は黒い着物を着ておりますね

大学生かな?なんか楽しそうでしたね
若い内から行うお遍路もなかなか良さそうだ

2013_0505_064108-P5052739.jpg

お遍路3人組を抜き去って室戸岬を目指します

2013_0505_064127-P5052740.jpg
この日に見かけたお遍路さん その2

お婆さんの様ですね
この場所、坂道だったので大変そうでした

海賊料理と言う看板が気になるなぁ
どうせこんな時間にはやって無いんだろうけどね

2013_0505_064434-P5052743.jpg
この日はホントに良い天気でした

2013_0505_064553-P5052744.jpg
海鮮丼・・・・まだ6時だからね~
確実に開いて無いやろな~

2013_0505_064623-P5052745.jpg

2013_0505_065039-P5052746.jpg
そろそろガソリン入れとこかな

四国でガソリン補給は、ここが初めてですな

2013_0505_065555-P5052747.jpg
海部か・・・・室戸岬まではまだまだやね

2013_0505_065842-P5052750_20130721224248.jpg
この日に見かけたお遍路さん その3

薬王寺から最御崎寺までは76.7キロ
歩き遍路だと2日はかかる距離らしい
この方が最御崎寺に到着するのは明日かな?

2013_0505_070053-P5052752.jpg
くどい様だが良い天気ですなぁ

晴天の日に、海沿いの道を疾走するのは
まっこと気持ち良いもんぜよ~!

2013_0505_071224-P5052763.jpg
高知県に進入~!

2013_0505_071545-P5052765.jpg
この日に見かけたお遍路さん その4

歩道が無い区間は危なそうですね

2013_0505_071815-P5052767.jpg
東洋太師・・・・ふ~ん

今思えば見に行ってても良かったかも?

2013_0505_073304-P5052773.jpg

2013_0505_073638-P5052776.jpg
室戸岬まで26キロ・・・もう少しやな

今夜泊まる予定の高知市は109キロかぁ

2013_0505_074355-P5052778.jpg
この日に見かけたお遍路さん その5

このお遍路さんの後ろ姿はなんかカッコいいな

2013_0505_080630-P5052781.jpg
この日に見かけたお遍路さん その6

この辺を歩いてる方々は、今日中に
最御崎寺には到着できそうですね

2013_0505_081020-P5052784.jpg
夫婦岩前のカーブを無難に通過

2013_0505_081105-P5052785.jpg
サイクリストさんを華麗に抜き去る!

何人たりともカブの前は走らせねぇ~!
(車やバイクにはバンバン抜かれるけどなw)

2013_0505_081123-P5052786.jpg
この日に見かけたお遍路さん その7

堂々とした歩きっぷりに見える・・・?

2013_0505_081304-P5052787.jpg


この日に見かけたお遍路さん その8

最御崎寺までの歩き遍路ルートはこの道しかない
必然的に歩き遍路さんをよく見かけますね

2013_0505_081413-P5052788.jpg
なんて名の漁港だったかな?


2013_0505_081515-P5052789.jpg
この日に見かけたお遍路さん その9

金剛杖を腰に当ててブラブラと歩く様は
昔のTVドラマ西遊記に出てくる孫悟空役の
堺正章氏がよくやってた仕草に似てるなぁ
(30代後半から上の方しか分からない情報)

2013_0505_081624-P5052790.jpg
もうそろそろ室戸岬かな?

この辺なんとなく南紀の海沿いの道に似てる
感じですねぇ

2013_0505_081634-P5052791.jpg

この日に見かけたお遍路さん その10

額の汗を拭いながら歩いていたお遍路さん
あと1時間ちょいで到着できるでしょう

2013_0505_082617-P5052795.jpg
最御崎寺に行く前に、かねてから一度寄りたいと
思ってた場所に到着しました

右側の山の麓に見えてますよね?

2013_0505_082730-P5052796.jpg
白亜の巨人VSリトルカブ

2013_0505_082906-P5052798.jpg

前々から気になっていたのでね
今回はキチンと寄る事にしました

拝観料300円

2013_0505_083906-P5052807.jpg

2013_0505_083426-P5052802_20130722223233.jpg
20代の時の御姿らしい

2013_0505_083518-P5052804.jpg
室戸青年大師像

空の青さと肌の白さの対比が良い感じ

2013_0505_084507-P5052813.jpg
太師像の足下には四国が・・・・

数字が書かれた丸いのは八十八ヶ所霊場ですね

2013_0505_084418-P5052812.jpg
海の彼方に何を見る・・・・?


なんとなく亀仙人に見えなくもない?
で、青年大師像の更に後ろに居てはるのが

2013_0505_084206-P5052811.jpg
金箔張り露座涅槃像

青年大師像はR55からでも見えるけど
涅槃像は見えなかったんですよね

今までその存在を知りませんでしたよ

2013_0505_085508-P5052825.jpg
太師像の立つ建物内に入りました

2013_0505_084938-P5052818.jpg

2013_0505_085004-P5052820.jpg

2013_0505_085046-P5052821.jpg

2013_0505_084651-P5052816.jpg
なかなか楽しかったです

次は歩き遍路の時にでも寄りたいもの
(いつになる事やら・・・)

2013_0505_082941-P5052799.jpg
青年太師像の近くには御厨人窟・神明窟と言う
弘法大師が悟りを開いた洞窟があるのですが
今回は寄りませんでした

またの楽しみに取っとく事にしました
まぁ、当方の悪い癖なんですけどね・・・・・

2013_0505_090956-P5052828.jpg
9時09分

室戸岬も今回はスルー

去年寄ったからね~

2013_0505_091208-P5052830.jpg
中岡の旦那!一年ぶりっす~!


2013_0505_091400-P5052833.jpg
室戸岬をぐるっと回り土佐湾の方へ
少し進んでR55からr203室戸スカイライン
入りました

2013_0505_091531-P5052837.jpg
絶景の快走路!

いつ走っても心洗われる素晴らしい道です

2013_0505_091540-P5052838.jpg
今日は良い天気でよかった!

2013_0505_091727-P5053638.jpg
9時17分

当初の予定より2時間は遅くなったな

まぁ~寄り道しまくりなので仕方ないけど・・・

2013_0505_095948-P5052867.jpg
駐車場にリトルカブを停めて
お寺に向かいましょうか

2013_0505_092148-P5052842.jpg
緩い坂道を歩いて行きます

2013_0505_092511-P5052843.jpg
四国八十八ヶ所霊場 第24番札所

     最 御 崎 寺

2013_0505_095003-P5052860.jpg
仁王様がお出迎え

2013_0505_093602-P5052852.jpg


2013_0505_092554-P5052844.jpg
こびり付いた苔が良い雰囲気を醸し出してる

2013_0505_094816-P5052858.jpg
変な岩を発見!


2013_0505_094826-P5052859.jpg
空海の七不思議・・・・そんなんあったんや

確かに岩を小石で叩くと奇妙な音が鳴り響きました

2013_0505_094022-P5052853.jpg

2013_0505_094202-P5052855.jpg
軒先の装飾ですけど・・・・ゾウ?

と言う事は、ガネーシャなのかな?

2013_0505_094301-P5052856.jpg
可愛らしいお地蔵さんですな

何気に横にある木のベンチが味わい深いね

2013_0505_092638-P5052845.jpg
最御崎寺の後は、近くにある室戸岬灯台を
見物しに行きました

最御崎寺からは徒歩で2分程度の距離にあります

2013_0505_095153-P5052862.jpg
この辺りに大量のクマバチが
ブンブン飛んでて一触即発!

2013_0505_095221-P5052863.jpg
水平線が素晴らしいね~♪

釣り船が海に描く白い軌跡も良い塩梅!

2013_0505_095343-P5052865.jpg
室戸岬灯台

かなり頑丈そうですね

この辺は台風通過が多いから当然かな

2013_0505_095317-P5052864.jpg
ふ~ん、日本一のレンズねぇ

2013_0505_095438-P5052866.jpg
確かに大きいですな
高さは3メートルくらいか・・・?


2013_0505_100316-P5052869.jpg
灯台を後にして、リトルカブを停めた駐車場へ

その後はカブに乗って最御崎寺の裏手にある
遍路センターに向かいました

2013_0505_100435-P5052870.jpg
最御崎寺遍路センター

お遍路さん以外でも宿泊できる施設

ここに泊まる訳ではないんですけどね

2013_0505_100500-P5052871.jpg
入口に居られたお坊さん

うる星や〇らチェリーに似てる?

2013_0505_100541-P5052872.jpg 2013_0505_100646-P5052873.jpg
何か色々売られています

大半はお遍路関係の物の様ですね

2013_0505_100941-P5052874_20130724222046.jpg
天皇陛下献上品ですか・・・・美味そうやな

とりあえず一箱購入しました

この先のお遍路の道中で少しずつ食べました
確かに美味かったですね~

次のお遍路でも見かけたら購入したいっすね♪


2013_0505_102226-P5052877.jpg
さぁ~次の札所に向かいましょうか

さっき走った室戸スカイライン経由で
R55の方に下って行きました

2013_0505_102435-P5052879.jpg
10時24分

R55土佐浜街道を北上して行きます

道路横に植えられたソテツが
南国ムードを醸し出しておりますなぁ


まだ10時の段階ですけど・・・次回に続く!


ポチっとよろしくお願いします
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

こんばんは~
昭和の香りがするコインスナック楽しそうですね。
カップヌードルはお湯入れたたらインド方式の素手で食べないといけなかったですか?それもカレー(笑)
あぶなかったですね。

トンネルは説明板もあって、いい雰囲気してます。
真っ暗な中、走って来る人がいたらびっくりしますね。

四国はon,offとも何度か行きましたが、室戸岬がまだ未訪問なので参考になります。
中岡慎太郎に逢いに行きたい。
確かに、お箸が無いのにお湯を入れる前に気が付いてよかったですね。 

日本最古の隧道、もっと朽ちている感じかと思いきや、当時の技術やお金を駆使してしっかり作ったんでしょうね。 
歩きお遍路さんも多いですね。 皆さん、早朝からしっかり歩かれてますね。

室戸青年大師像、えらい大きいお大師様がいらっしゃいましたね。 大きいですが、顔の表情といい、手にしている数珠の様子といい、ものすごく繊細に作られていますね。
(画面上に)突然姿を現す涅槃像にも驚きました。

灯台の建物にもそれぞれ特徴がありますね。 確かに、がっしりとしてますね。

青空に青い海、お天気に恵まれたこの後のお遍路の道も楽しみにしてます!
まんとさんへ
どうもこんばんわ

コインスナックのトラップ?に危うく引っかかりそうになりました

さすがに素手では食べませんけど、ある程度冷める待つ派目に遭うとこでしたよ(汗)
インド人もビックリな展開でしたねw

国内最古の松阪トンネルに出逢えたのは嬉しい出来事です
お遍路絡みのツーリングで無ければ気づく事は無かったやも知れません

早朝ジョギングの方には肝を冷やされましたねw

そう言えば、いつぞやも室戸方面は未踏だと仰られてましたね
あの辺に行くのなら泊まりツーリングで無いと厳しいでしょう
なんとか家族を説得して連休にでも行けたら良いですね

泊まりツーリングなら長野の方がお勧めですけどねw
bikenoriさんへ
こういう自販機で事前に箸を確認するのは必須ですね
今回の事件?で特にそう思いましたよ
次からは買う前に箸があるか確認する事にします~!

日本最古のコンクリ隧道は予想以上に堅牢な造りでしたね
当時の技術者の心意気が垣間見れて楽しかったですよ

お遍路は総じて早朝から行動するのが常ですね
朝早くから海沿いの道を歩くのは気持ち良さそうでしたね


青年大師像は思いのほか造りがキッチリしてますよね
あれほど巨大なのに全然手抜き部分が無いとこに驚かされますよ

淡路島のチープな造りの大観音像とは大違いです
あれはあれで味がありますけどねw

室戸灯台は高さはそれほどでもありませんが、素人目でも分かる頑丈な造りで面白かったですよ

この日は終日良い天気に恵まれましたね
蒼い空の下、碧い海が見える海沿いの道をバイクで走るのは気分爽快でした♪

次回の宿泊も意外な展開なので御期待下さいませ~!
お遍路日和の快晴
コインスナックいい感じですね~夜明けの雰囲気がまたよしと言うか。でも箸が無いのは危なかったですね・・・。こういう時の為にマイ箸を備えておきたいものです(笑)

R55旧道の日本最古のコンクリ隧道は風情あっていいですね~。ジョギングな御仁にはさぞかし驚かれたようですが(笑)まさかこんな所で・・・って感じですが、地元の人にとってはこういう所は日常的なジョギングコースだったりするんでしょうね。

室戸までの道は以前に走りましたが何もない海岸沿いが実に気持ち良かったですが、長い距離でなおかつ何もないので歩き遍路の方にとっては試練でしょうけど。

そういえば、室戸岬の灯台を見た時に俺も横にある24番最御崎寺にお参りしてましたよ。割とコンパクトながら木の建築物が多かったのを覚えてます。
あと、室戸スカイラインの眺めは最高ですね。天気も最高で言う事ないっすね。

続きも楽しみにしてます。
エクシさんへ
こんばんわっす!

ど早朝のコインスナックの放つ怪しげなオーラはムード満点でしたよ♪

割り箸品切れの罠はすんでの所で見切りました
危うくマイウーの方みたいにカレーを飲み物のように飲まないといけない派目になるとこでした・・・(汗)

たまたまお遍路休憩所で国内最古のコンクリート隧道の記事を見つけたのは運命ですねぇ
朝から貴重な国道遺構を垣間見れたのは弘法太師さんのお導き・・・・かも?

土佐の国の遍路、初っ端から修行の道場の名に恥じぬ過酷な道のり・・・・と言いたいとこですが、歩きと違ってバイク遍路なら海沿いの爽快な道をノンビリと走れるので楽しかったですね~♪

仰る通り、最御崎寺は敷地がコンパクトながらも木造の建物がひしめいてましたね
歩き回らないで済むので、あれくらいが調度良いですな

室戸スカイラインはあのポイントが一番美味しいですね
当方の自宅の近くにあの道があったら、鍋谷峠以上に足繁く通ってる事でしょう






管理者のみに表示

トラックバック