FC2ブログ

封印されし鍋谷峠・・・・・?の巻


2013_0916_131703-P9161694.jpg
9月16日(日)

さらば愛しき鍋谷峠よ・・・・・




特に愛してないし、すぐに復活したらしいけどねw

2013_0916_122746-P9161662.jpg
12時27分

R170からR480に進入した付近にて

この日はさりげなく鍋谷峠を越えて
藤井商店で昼飯を食べて、その後はr61の
蔵王峠経由で帰宅というさっぱりテイストな
プチツーリングですまそうと思っていたが・・・・

通り抜け不可ですと?
R480が通行できない?
鍋谷峠に何が・・・?


まぁ、前日の台風の影響なんだろうな

2013_0916_123019-P9161663.jpg
仕方ない、藤井商店に行くのは諦めて
葉菜の森で適当に食べるとしますか

2013_0916_123529-P9161664.jpg
特に期待する事もなく購入した
照り焼きチキンが予想以上に美味かったです

栗ご飯も美味かったですけどね

2013_0916_125649-P9161665.jpg
12時56分

このまま引き返すのも偲びない
通り抜け不可の場所の直前までは行ってみよう

2013_0916_125806-P9161666.jpg
R480の下を流れる川

濁流となってますねぇ

2013_0916_130232-P9161672.jpg
父鬼の集落をぺぺぺっと駆けて往く~

2013_0916_130316-P9161673.jpg
R480と泉州基幹農道とr226が交差する地点

とうとうここで通り抜け不可ですか?と思ったが
「もう少し先までは行ける」と、前方に立って
おられる道路交通局の方に聞きました
2013_0916_130352-P9161674.jpg
当然、行けるとこまで行きますよってに!

2013_0916_130620-P9161676.jpg
隧道前のとある御仁に御挨拶するか

2013_0916_130634-P9161677.jpg
法面にへばりつく様に鎮座する某御仁

2013_0916_130710-P9161679.jpg
鎖を掴まないと危ない場所に祀られてるのは
適当な土地が無いからかな?

2013_0916_130734-P9161680.jpg
            役行者大明神

鉄製の高下駄が共に祀られてますね

正体は天狗・・・・?

2013_0916_131049-P9161682.jpg
製材所近くまでやって来た

さて、何処まで行けるのかなぁ?

2013_0916_131215-P9161684.jpg
ここから本格的に酷な山道区間が始まる

標識もここからてな感じの標識がありますねw

2013_0916_131316-P9161685.jpg
いわゆる路上河川状態も始まったな

山の斜面から凄い勢いで水が流れてきてる

2013_0916_131334-P9161686.jpg

2013_0916_131401-P9161687.jpg 2013_0916_131439-P9161688.jpg

2013_0916_131528-P9161690.jpg
道いっぱい路上河川状態ですね
そろそろ引き返す潮時か・・・・

既に靴がズブ濡れで気持ち悪っす!

2013_0916_131611-P9161692.jpg

2013_0916_132010-P9161699.jpg

2013_0916_131803-P9161695.jpg
この辺、大した高さの山でもないのにね
山の保水能力は侮れませんね

2013_0916_131703-P9161694.jpg
土砂崩れに巻き込まれるのも適わんので
逃げる様に引き返しました


2013_0916_133201-P9161701.jpg
家に帰るにゃ~まだ早い!

泉州基幹農道経由で久しぶりに施福寺に行くか~

2013_0916_134052-P9161707.jpg
この農道にも山の斜面から水が流れてる
箇所がありました

2013_0916_135439-P9161711.jpg
泉州基幹農道から大阪府道228号線へ

通行止看板が立ちふさがってるねぇ

先ほどのR480同様、道に立つ道路交通局の
人に聞いた所、一応はr228終点までは
行けるとの事・・・・・行きますか~

2013_0916_135527-P9161713.jpg
濁流がなかなか凄いですねぇ

2013_0916_135817-P9161716.jpg
溝が土砂?で埋まって道の方に流れてきてる

2013_0916_135958-P9161717.jpg
木が・・・・Σ(゚д゚lll)

2013_0916_140009-P9161718.jpg
完全に浸かってますねぇ

2013_0916_140253-P9161719.jpg
公衆トイレで用を足した後は

2013_0916_140301-P9161720.jpg
なんか面白そうな道があったので
徒歩で偵察してみる事にしました

2013_0916_140317-P9161721.jpg
こんな所に民家がありますな
夜とかシンプルに怖そうだな

しかも家の裏手は・・・・・

2013_0916_141102-P9161732.jpg
川ですなぁ

前日の台風の仕業で水量が凄まじい!

2013_0916_140451-P9161725.jpg
福山寺・・・民家じゃないのか

たま~に民家にしか見えない造りの
社寺とかはありますわなぁ

2013_0916_140506-P9161726.jpg
偵察とは言っても施福寺の事もあるし
適当なとこで切り上げますか

2013_0916_140731-P9161729.jpg
川の流れが凄まじいな

まぁ~怖い訳ではないけども
この辺で引き返すかな

公衆トイレまで引き返し、再び施福寺を
目指しました


2013_0916_141234-P9161733.jpg
14時12分

なんとかr228終点までたどり着けた

ここに来るまで何台も車とすれ違いましたね
通行止めは念の為か?

2013_0916_141331-P9161734.jpg
たばこの自動販売機ボロボロやん
既に使われなくなったんでしょうね

当方、タバコを吸わないので
この時はピンと来なかったんですけども
2013_0916_141345-P9161735.jpg
ホープ・キャスター・マイルドセブン等が
200円て安すぎじゃね?

いったい何年前の値段設定なのよ?
後日、コンビニで現在の値段を確認して
愕然としましたわw

2013_0916_141557-P9161739.jpg
さぁ、行きますか~施福寺に!

2013_0916_142019-P9161741.jpg
横の川の水量がなかなか凄かった

2013_0916_142135-P9161745.jpg
参道の方も負けてない?

既にR480撮影の際に靴が濡れてるからね
構わず登って行きましたよ

2013_0916_142257-P9161746.jpg
楼門が見えてきた

相変わらず立派な造りですな

2013_0916_142404-P9161748.jpg
楼門を潜ると先ほどより更に味わい深い
参道に変わっていく

2013_0916_142649-P9161750.jpg

2013_0916_143115-P9161752.jpg
ベンチで一休み

おそらく日本国内で最も滝に近い場所に
設置されているベンチでは?

2013_0916_143653-P9161753.jpg
次の四国への遍路旅の為にも足腰を
鍛えておかなければなるまいて

2013_0916_144127-P9161755.jpg
石に刻まれた文字からして弘法大師が
散髪したお堂なのでしょうね

2013_0916_144147-P9161756.jpg
鶴・亀・そして弘法大師様

ありがたい&めでたい感MAXですね

2013_0916_144344-P9161757.jpg
14時43分

ようやく施福寺が見えてきた
だいたい10ヶ月ぶりかな?

2013_0916_144734-P9161759.jpg
西国三十三所・第四番札所
              施 福 寺


何気にこのブログではよく登場してる寺です

2013_0916_145626-P9161763.jpg
数人ほど参拝客が居てはりました

思ったより少ないのは台風の次の日やから?

2013_0916_151214-P9161764.jpg
喉が渇いたからさっさと降りますか

施福寺周囲は売店はおろか自販機も無いからね

2013_0916_154619-P9161766.jpg
15時46分

ガードレール下に小枝とか土砂が散乱してますね
川が少し氾濫したのかな?

ちなみに右上の見えるのは、建設中断してる
槇尾ダムへの未完成の道路らしい

最近の異常気象を考えたらば、この辺にも
ダムは必要なのかなぁ・・・・・?


この後は大人しく帰路に着きました

おしまい!


ひと押しよろしくっす!
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

あの台風後の、鍋谷峠通行止めの日ですね。 道が川状態になってますね。
壁面が緩んだりしてたんでしょうね。 下手に車が入ったらUターンするところなんてありませんからね。

施福寺、軽々と登られてますが、参道の水の流れ、すごかったんですね。
あ…あの歩幅の合わない石段…息切らしながら登ったのを思い出しました。 山の上の売店が無くなったら、水分補給もできなくなりましたね。
災害による道路へのダメージが、年々大きくなってるように思われますね。
需要の少ない田舎の細い道や、県境越えの林道は なかなか復旧されず人里離れた だれも通らない林道をとことこ走るのが好きな私にとっては、寂しい限りです。
道路を直すにもお金がかかりますのでしかたないことでしょうが、、、、
こんにちは~
こんにちは~!

通行止めになっていたなんて全く知らずに、10/7無事通過しています。
たしかに沢ぞいの部分は帯状の砂が残っていて、神経を使いましたね。
トンネル工事も進んでいるみたいだし、木工所の上も何か工事をしていますね。
三国山のレーダーがありますが、大阪側は林道関係者の専用道になるかも知れませんね。
見たことのない鍋谷
あの台風の後に鍋谷に行ってきたんですか~!さすがナベタニストの鏡(笑)

この頃は通行不可という話は聞いてましたが、ここまで酷いとは。こんな路上河川地獄と化した道は見たことないし、あの走り慣れた鍋谷がこのザマとは驚きです。これは通行できませんね。

その後の施福寺への道も大概ですねえ・・・。r228終点の登山口付近も鄙び具合は顕著になってきてて。もう最後に行ったのはいつだろう、そろそろ行ってみたいんですけどね(笑)

当初の計画通りにいかずに残念でしたが、お疲れ様でした~!
bikenoriさんへ
返事が遅れてどうもすいません~!
淡路島の横の大きい島に行っておりましたもので・・・

台風後の鍋谷峠は予想以上に荒れておりましたねぇ
まさか通行止めになるとは露知らず・・・・
早くトンネルが完成すればいいんですけどね~

そんなに軽々という程でも無いですが~まずまずのペースで登れましたね
参道の流水には少し驚かされましたよ
低い山でも結構水を溜め込むもんなんですね~

売店が無くなったのは実に残念でした
せめて自販機があると良いんですけども、あの場所に自販機本体を設置するのは大変そうなので望み薄でしょうねぇ・・・・

夏場に登るときは要注意ですね!
青カブさんへ
コメントの返事が遅れてすいません
うどん県の下の県を彷徨ってましたので・・・・

ここ数年自然災害の猛威が凄まじいですね
台風や豪雨によるダメージは道路もそうですが、山の斜面の方にも蓄積されてるかもしれません

通行料の多い国道や県道なら早期に復旧するんでしょうけども、林道とかは後回しの刑になるのは致し方のない事なんでしょうね

たーちゃんさんへ
すいません~お返事が遅れました

10月7日の時点では通行できてるんですね
なかなか酷い有様だったようで・・・・

でもまぁ、もうじき積雪のおかげ?で鍋谷も更に酷くなる状態になるんでしょうけどねw

確かに、大阪側の区間はトンネルが開通したら~林道関係の専用道になるかもしれませんね

しかし、個人的には今と変わらず一般の人も通行可になって欲しいんですけどねぇ・・・・・
エクシさんへ
あそこまでの路上河川状態の鍋谷峠は未体験ですね

台風の後なのでそれなりに荒れてるんかな?と思ってましたが、予想以上でしたね~まさか通行不可になってるとは露知らず・・・・

施福寺に行ったのは思いつきでしたが、ここもなかなか山から溢れる水量が凄まじかったですよ
標高の低い山といっても油断してたら危ないですね
お互い気をつけましょう!



管理者のみに表示

トラックバック