FC2ブログ

紀伊半島屈指の秘境に佇む「食堂・カフェ 瀞ホテル」に来訪の巻


2013_0923_124814-P9231715.jpg
9月23日(祝・月)

カフェとして見事に復活した瀞ホテルに
初めて来訪しました。

2013_0923_130259-P9231742.jpg 2013_0923_143540-P9231747.jpg
11時41分

一泊した新宮の町から、風伝峠を経由して
三重県・奈良県・和歌山県の県境が複雑に
入り混じる三県境に見参!

紀伊半島屈指の素晴らしい秘境に建つ
瀞ホテルを見物する為にやって来ました

2013_0923_114153-P9231598.jpg
この階段の下に見える瓦屋根の建物こそ
この日最大の目的地である瀞ホテル!

2013_0923_114220-P9231599.jpg

2013_0923_114237-P9231601.jpg
階段と建物が無理やり一体化してる!

2013_0923_114325-P9231604.jpg
入口までやって来ました

よしよし!ちゃんと開いてるな

何かの間違いで~閉まっていました的な
パターンも考えていたからねぇw

2013_0923_114316-P9231603_201312011854495a4.jpg
             瀞 ホ テ ル

築100年以上の元旅館
大正6年当時は、伐採した材木でイカダを組んで
下流の方まで運んだ筏師の為の宿だったらしい
2013_0923_122346-P9231662.jpg
その後、時を隔てて招仙閣と名を変え、昭和初期に
瀞ホテルに改名したらしいです


2013_0923_114340-P9231607.jpg
数年前に瀞ホテル3代目のご主人が
亡くなられ、しばらく休館をしていましたが
3代目の意志を受け継いだ息子夫婦さんが
食堂・カフェという宿とは違う営業形態ながらも
今年の6月に瀞ホテルを復活してくれました!

2013_0923_115040-P9231621.jpg
今の食堂・カフェ経営の軌道が乗れば
将来的には宿泊の再開も目指したい・・・と
若き4代目主人は考えておられるらしい

これは楽しみですねぇ~!
宿泊できるならば是非とも泊まりたいですよ

2013_0923_114335-P9231606.jpg
ホテルの前にあった展望台?

オープンテラス用の台かもしれんけどね

2013_0923_114456-P9231608.jpg
展望台から見た川の眺め

左上の方に見える白いテント付近の砂浜は
ジェット船乗り場&お土産売り場です

トイレも一応ありますよ

2013_0923_114501-P9231609.jpg
数日前の台風の影響で川の水が濁ってますねぇ

せっかくここまで来たのに綺麗な川の水を
見れないのは残念かもしれませんが、ポジティブに
考えたら~滅多に見れない川の色と考えれば
そんなに損した気分にはならないでしょうw

2013_0923_121123-P9231632.jpg
いい加減~ホテル内に入りますか

2013_0923_115008-P9231619.jpg

2013_0923_115144-P9231622.jpg
この席でランチをいただく事にしました

混んでるかな?と思ったけども、自分が来た時は
空いていましたね~タイミングが良かった!

2013_0923_115256-P9231626.jpg
濁った川なれど・・・いい眺めやねぇ~♪
ありがちな例えですけども~癒される!

2013_0923_114632-P9231611.jpg
お!ウォータージェット船が来ましたな

去年の9月に初めて乗ったけど
いつかまた乗りたいもんですね~

2013_0923_114639-P9231612.jpg
ジェットスキーも来ましたよ

セレブですなぁ~羨ましい!


2013_0923_115239-P9231625.jpg
            本日のごはん

量的には少ない気もしましたが
炊き込みご飯がかなり美味かったですよ

2013_0923_115025-P9231620.jpg
瓶詰めのジャムが売られてたので購入

もちろん今食べるデザートも忘れない!

2013_0923_120525-P9231631.jpg
スコーン&オレンジジュースセット

これもなかなかうまかっちゃん♪

木製のスプーンが良い感じでしたけども
先が小さいので若干不便なのは~ご愛嬌w


スコーンを食べてる時には店内も満員状態!
食後は外の幽玄な景色を見ながらまったりと
したかったんですが、たった1人で5人席を
占領するのも気が引けるのでね~

食べ終わった後は足早に席を立ちました

2013_0923_121354-P9231633.jpg
とは言え~まだ瀞ホテルは出ませぬよ!
2階の方を見物させてもらいました

2013_0923_121455-P9231637.jpg
おぉ~!これよこれ!

ネットとかの画像でしか見たことのない
2階の様子を生で見たかったですよね~

2013_0923_121541-P9231638.jpg
当然ながら~夜とかは真っ暗なんでしょうな

夕日の差し込む光景も良さそうですねぇ

2013_0923_121657-P9231641.jpg
真下を見ると・・・・・・

2年前の大水害で流された浴室の跡・・・やね

エクシさんのツーレポではあの辺りに
小ぶりな建物(小屋?)が建ってたなぁ

完全な宿泊施設として復活するには
新たに浴室を建てないとなぁ・・・・

2013_0923_121712-P9231642.jpg
で、アレが噂の別館ですか・・・・・
あんなとこによく建てたなぁ((((;゚Д゚))))

あの別館に繋がる吊り橋は大水害で流されている
でも、厳密に言えば流されたのは吊り橋の床部分
のみ・・・ワイヤー部分は一応は健在です

サルでもない限り~別館に行くのは不可能?

2013_0923_121946-P9231651.jpg
2階の奥の方は薄暗かったです

味があって良いんじゃない?

2013_0923_121959-P9231652.jpg
3階に続く階段

残念ながら改装中なので立ち入り禁止です

3階、次に来た時には見れたら良いですわなぁ

2013_0923_122113-P9231657.jpg
この階段からでも1階には行けます

でも~ここからは降りないっすよ

2013_0923_122328-P9231661.jpg
もう一回この廊下を歩きたくてね~

お、左の襖が少し開いてますな

2013_0923_122316-P9231660.jpg
隙間からパシャリ!

宴会場かな?

2013_0923_121754-P9231645.jpg
またもや下流の方からジェット船が・・・

2013_0923_121819-P9231647.jpg
こっちの方を見て手を振ってますな

仕方なく、こちらも手を振ってやったぞよ
(偉そうねw)

2013_0923_122226-P9231659.jpg
どうやら記念写真を撮ってるみたい
会社か何かの慰安旅行かな?

2013_0923_114258-P9231602.jpg
名残惜しいけど瀞ホテルを出ました

良いホテルだ・・・・シンプルに泊まりたい気分やね

2013_0923_123124-P9231673.jpg
さて、お次は瀞ホテルから上流の方に伸びる
怪し気な小道を歩いて行きましょうかね

ん、上の方に小屋が・・・・?

2013_0923_123137-P9231674.jpg
ツリーハウス・・・ではないなぁ
シンプルに林業関係の作業小屋っぽいね

レールが伸びてるなぁ・・・その先は

2013_0923_123211-P9231676.jpg
ジェット船乗り場の砂浜ゾーンですね

作業用のエレベーターかな
今も使われてるのかどうかは謎ですわ

2013_0923_123307-P9231678.jpg
大雨の日は歩きたくない道ですね

2013_0923_123504-P9231683.jpg
通り過ぎていくウォータージェット船

2013_0923_123441-P9231682.jpg
良い感じの石垣と階段、それと民家が
見えてきましたよ

2013_0923_123538-P9231684.jpg
瀞ホテルの先にこんな所があったとはねぇ

2013_0923_123617-P9231685.jpg
え~と、これ・・・・・他人様の庭に不法侵入?
いやいや~右側の石の道は敷地外でしょう!

最悪、民家の方に怒られてしまった時は
スライディング土下座で乗り切ろうっと!

2013_0923_123641-P9231686.jpg
階段が見えてきたな

ん・・・・あの白いパネル?

2013_0923_123656-P9231687.jpg
ここまで・・・・川の水位が迫ったのか!
信じがたい事実だけども、瀞ホテル別館の吊橋の
ダメージを見れば・・・・・・

さっきの民家・・・・よく無事だったなぁ

2013_0923_123724-P9231690.jpg
階段を登り更に先の方へ

吊橋が現れたぞ!
2013_0923_123745-P9231692.jpg
            山 彦 橋

一度に5人以上は渡れないのね

エグザイル御一行は完全にアウトやね
スマップは丁度いい塩梅ね

2013_0923_123818-P9231693.jpg
一人チューチュートレインで山彦橋を渡って行く
(傍から見ればただの不審者ねw)


2013_0923_123906-P9231695.jpg
瀞ホテルは・・・木に隠れて見えないなぁ
ジェット船乗り場は見えますなぁ

上流の方を見てみると・・・・ん?

2013_0923_123941-P9231697.jpg
なんだいありゃ?
どうも・・・木の枝みたいですね

2年前の大水害の時に引っかかったのかな?
あと2メートルぐらいで山彦橋の床板に
到達する高さですね

この吊り橋も瀞ホテル別館の吊り橋みたいに
破壊される寸前だったのか・・・・・恐ろしい

2013_0923_124027-P9231700.jpg
吊り橋を割り切った先は三重県

なんか細い山道が続いてるみたいだけど
きりがないので~すぐに引き返す事に

2013_0923_124125-P9231703.jpg
お、さっき上流の方に消えたジェット船やん

2013_0923_124129-P9231704.jpg
吊り橋の下を通過して行きました

屋根が解放されてるので上から丸見えですね
何人かがこちらに気づいて指を差してましたよ

2013_0923_124229-P9231708.jpg
お、下流の方からも来ましたね

2013_0923_124250-P9231709.jpg
こちらも上から丸見え状態やね

この船の方も当方の方に指を差したり
手を振っておりましたよ

仕方がないので我も手を振ってあげたぞよ
(何様よw)


さ~て!そろそろ瀞ホテルの方に戻るかね


2013_0923_125600-P9231734.jpg
瀞ホテルまで戻って来ました

さて、この後は何処に行こうかね


次回に続く・・・・・


ひと押しよろしくお願いします
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

瀞ホテルの再開は嬉しすぎる!
瀞ホテルの存在を知ったのは数年前でした。
当時は先代のご主人が亡くなった後で戸は閉まったまま。このまま寂れて廃墟になっていくのかな・・・という思いもありましたがそれでもいつか再開すると信じて何度も通ってたなあ・・・。
紆余曲折の末に、今こうして先代の息子さん夫婦が4代目として瀞ホテルを復活させてくれたことが、瀞ホテルファンとして素直に嬉しく有りがたい限りですね~!

階段を下っていくところから瀞ホテルが始まっているような雰囲気がいいですよねえ。2年前の水害はあの階段のあたりまで水が来て、浴室が流されてしまったのは衝撃でした。宿として復活するにはやはりあそこがネックでしょうね。

しかずきんさんもやはりそこの席に陣取りましたか(笑)俺も初回はそこでしたよ。
瀞ホテルは毎回メニューが変わるっぽいようですね。炊き込みご飯が美味・・・炊き込み系が好きなので物凄く食べたいですけど、日替わりっぽいのでこればかりは運でしょうか?!(笑)

食後に見学された2階・・・ここぞ瀞ホテルの真価とも言える場所でしょうね。廊下がいいんですよねえ・・・軋む木の床、瀞八丁を眺めるというか浮遊感みたいなのを感じます。雨上がりに霧が出ている時とか幽玄さが増して最高でしょうね。
ちなみに2回目の訪問時は2階の宴会場?みたいな場所で食事をしましたよ。

座敷童とか物の怪の類が陰に潜んでいそうな2階奥の仄かな薄暗さも好きです。3階は天守閣っぽいですね。同じく行ってみたいです。

別館は水害の前から橋がヤバい状態でもう随分と人の出入りがない封印の地・・・。ここも1度でいいから行ってみたいです。まずはあの橋をどうにかしないといけませんけど^^;

瀞ホテルの魅力を知ってしまうとやはり宿泊したいと思いますよね~!それも船で行きたい。しかずきんさんのレポで改めて瀞ホテルに惚れ直しました(笑)

山彦橋は渡ってみたいです。あの山の奥の道はどこへ繋がっているのかも気になります。

次回も楽しみにしています。
瀞ホテル、外観同様、中もやはり歴史を感じるつくりで、味わいがありますね。
年月を重ねて飴色になった木の柱や梁、床板、丁寧に使われてきたんでしょうね。窓からの景色も良いですね。

なるほど、瀞ホテルでカフェ営業が再開と、雑誌等で話題として取り上げるだけのことはありますね。 大変でしょうが、少しずつでも宿泊の営業につながっていくといいですね。 
瀞ホテル、中も予想通りいい雰囲気してますね。
食事はガッツリとはいかないお上品な定食ですね。
それでも、この辺境地にあるカフェがお客さんでいっぱいになるんだからすごい。

2階の見学はご自由にという感じですか?
私も次回訪問時が楽しみです。(今度いつ行けるか分かりませんけど・・・)
投げ入れ堂みたいになっている別館は少なくとも次の代以降までこのまま放置されるっぽいですね。もう一回台風きたら吊り橋も限界?
エクシさんへ
当方の場合、瀞ホテルの存在を初めて知ったのは~ゼルビスで最も鍋谷峠を走行してる某紀伊ハンターの魔人のHP内のツーレポですかねぇ~w

瀞ホテルで生まれ育った四代目の息子さんのホテル再建を目指すという英断に拍手ですね!頑張っていただきたいものです

一階の雰囲気もなかなかの物ですけども、ホテル営業当時の空気感を醸し出してる感じの2階の雰囲気はたまりませんねぇ~!
改装中の3階もいつか拝見してみたいものです
いずれ宿泊業も再開したらば是非とも泊まりたい宿ですよねぇ!

今回座った席は窓側の席がそこしか空いてなかったんです
座り心地は良かったので結果オーライですわ♪

別館は当方も行きたいものですね
確かに本館と別館を繋ぐボロボロの吊り橋はどうにかせんといけませんねぇ~
まぁ・・・あの吊り橋はアウトでも~第2の吊り橋を使えば比較的近くまでなら・・・・
エクシさんなら気づいてるかもしれませんけどね?

山彦橋の向こうは三重県の登山道みたいなんでしょうけど~機会があれば調査してみたいですよ!
bikenoriさんへ
仰る通り、瀞ホテルは歴史を感じさせる造りでしたよ
歴代の宿主さんに丁寧に扱われてきたんでしょうね

窓から見る瀞八丁~上瀞の眺めは素晴らしいですよ
今回は数日前の台風の影響で川の水は濁っていましたのでね~次に来る時が楽しみですね♪

これからも雑誌やTVとかで紹介されるでしょうね
ラーメン倉庫みたいに混雑する前にbikenoriさん達も一度行かれてはどうでしょうか?

宿泊業が復活した時に行くのも良いかもしれませんね
まんとさんへ
そういや~まんとさんは瀞ホテルの中には入ってないんでしたね・・・・・もったいないw
外観同様に良い感じの落ち着いた空間でございましたよ

次こそは中に入っていただきたいものです
お子様を連れて行ったら良い思い出になるのでは?
心に刻まれるであろう素晴らしい景色と建物ですからね~

2階の方はご主人の方から「2階も見ていかれますか?」と声をかけていただきましたよ

投げ入れ堂テイストな別館はあのまま廃れさすのは残念な事ですねぇ・・・・
吊り橋も別館も直すにはマネーがベリベリーかかりそうなのでまんとさんの予想通りに放置の刑になるかもしれませんわなぁ・・・・
クラクラ
瀞峡ホテル。風情ありますね〜。
一度会社の旅行で瀞峡は来た事がありました。

そんな所にホテルがあるとは知りませんでしたね。
まだまだ知らないところが沢山あって、旅に出たくなります。

それにしても吊り橋はコワイですねー。
谷瀬の吊り橋も相当でしたけど、写真の放置感がある?橋は私は無理でしょうねー。
見てるだけでクラクラします。
ここ、凄いな。瀞峡にも行ったことないので、一度行ってみたい。それにしてもこんな場所にあるお店が混むなんて・・・まあ日曜日だけなんでしょうけど、これまたびっくりです。
chiharuさんへ
瀞峡に行っても瀞ホテルの方に気づかないのは立地条件を考えたら仕方ない部分もあるかもしれませんね

川の方からウォータージェット船で来たらそれなりに目視できますけども、車とかで来たなら分かりづらいかも・・?

当方も紀伊半島はまだまだ行ってないとこが盛り沢山なので当分は飽きないですね~

瀞ホテルのボロボロの吊り橋は放置というよりも廃棄に近い感じでしょうかねぇ
あれを直すには結構なお金がかかりそうです
別館の方がこのまま封印されるのなら吊り橋を直す必要は無いんですけどね?
のりまきさんへ
初めて間近で見た瀞ホテルの存在感には圧倒されましたよ

のりまきさんも是非一度!見に行っていただきたいですね

山城が好きなのりまきさんなら瀞ホテルの外観も気にいるかと思います

今年の6月のオープンを境に色んなメディアに紹介されているみたいですね
その影響なんでしょうね~あんな山奥でも人がやってくるのは凄い事です

あの辺は競合店とか特に無い感じですし、末永く繁盛して欲しいものですよ
しかずきんさん
物凄いと所をツーリングされているんですねー
楽しく拝見させていただきました。
セローはやっぱりカッコいいですねぇー
セローは欲しいバイクです><;
オフロード林道楽しそうです。^^
ではまたです。
クロスモンキーさんへ
クロスモンキーさん、こんばんわ!

今回走った瀞峡近辺は紀伊半島の中でも上位に入るであろうディープな場所ですね

自分で言うのもなんですが、セローは乗りやすく見た目もグッドな頼りになるバイクだと思っておりますよw

未舗装の林道は危険な局面もありますけども
適度にスリルがあって楽しいもんですよ~!




管理者のみに表示

トラックバック