百八煩悩消滅バイク遍路 別格の道を往く 3


2015_1231_161828-PC314774.jpg
2015年 12月31日(木曜日)

ここ数年、大晦日は四国ってる事が多いねぇ

来年も四国なのかなぁ~?

そろそろ九州にも上陸したいとこなんやけどね

2015_1231_080348-PC314573.jpg
8時03分

別格霊場の旅3日目 最終日の朝


またやってしまいましたわ 

7時頃にホテルを出ようと思ってたのに

2度寝で出発時刻が1時間ほど遅れてしまいました


やれやれ ・ ・ ・ ・ 

今回の旅で別格霊場は全部回ろうかと思ったけど

余裕で無理な行程になってしまいましたね

春ぐらいにまた渡四国しなければいかんのぅ~

2015_1231_080516-PC314574.jpg
次の番外霊場はホテルから5分ほどの距離にあったので

迷う事も無く速攻で到着でございます

2015_1231_080621-PC314575.jpg
四国別格二十霊場 第八番札所

             十 夜 ヶ 橋

2015_1231_081143-PC314577.jpg
横たわってる大師像がありました

なんでこの様な像があるかと言うと~

2015_1231_081201-PC314578.jpg
この大師像の裏手に見える

2015_1231_081359-PC314580.jpg
小さい川に掛かる橋 ・ ・ ・ ・ 

昔、この川に掛かっていた橋の下で

弘法大師が横になって一夜を明かしたらしいです


て言うか~橋の下にテントが見えますな

どうやら誰かが弘法大師の如く野宿してるみたいやね

2015_1231_081512-PC314583.jpg
カブが停まってますな

これで別格霊場巡りでもしてるんかな?

2015_1231_081557-PC314585_201602192149262b9.jpg
あのテントの中にカブの持ち主が寝てるっぽいな

睡眠の邪魔にならないようにせんとね ・ ・ ・ ・

2015_1231_081624-PC314586.jpg
ここにも横たわる大師像が居られました


なんか寒そうね

2015_1231_081645-PC314587.jpg
打って変わってこちらの大師像は暖そうね


大師像の世界にも格差社会の歪みが ・ ・ ・ ・!


2015_1231_081803-PC314589.jpg
8時18分

十夜ヶ橋、参拝完了でございます

2015_1231_083339-PC314591.jpg
2015年最後の朝日を浴びながら

次の番外霊場へ向かいますよ~

2015_1231_083828-PC314593.jpg
国道56号線(大洲街道)で松山方面へ

2015_1231_085006-PC314597.jpg

2015_1231_090012-PC314600.jpg
まぁまぁジャンボな黄金の観音像がありますなぁ


この時は無慈悲にもスルーしちいましたけど

今度この辺に来た時には寄っておきたいもんやな

2015_1231_091128-PC314601.jpg
最終日も安定の存在感を誇る 豚 太 郎


はてさて、今日は何軒見かけるのやら ・ ・ ・ ・


2015_1231_100139-PC314607.jpg
10時00分

思いのほか道の迷っちゃいましたけど

なんとか無事に到着しましたよっと!

2015_1231_101510-PC314624.jpg
四国別格二十霊場 第九番札所

             文 殊 院


2015_1231_100433-PC314610.jpg
この寺、どうも

2015_1231_100250-PC314608.jpg
四国八十八ヵ所発祥の地らしいですね

四国編路の行為を最初に行なった衞門三郎にも

縁のある寺みたいですね~知らなかった!

2015_1231_100953-PC314617.jpg
托鉢に来た空海を追い払う衞門三郎の絵

2015_1231_100506-PC314611.jpg
因縁浄化 ・ ・ ・ ・ ・

悪い輩との縁は断ち切りたいとこやけども

2015_1231_100547-PC314612.jpg
こやつらとの縁は断ち切ること叶わぬであろう

どこに居るか分かりますかな?

きょうの~

2015_1231_100557-PC314613.jpg
             に ゃ ん こ ♪


高さ的に丁度良い塩梅の場所なのかい?

2015_1231_101048-PC314619.jpg
まぁまぁ大きい大師像ですな

最近設置された感じの風合いでおました


2015_1231_102042-PC314626.jpg
10時20分

次の番外霊場に向かう途中に見かけました

この池と小島、どうも城跡らしい


池沿いをぐるっと回ってみると ・ ・ ・ ・

2015_1231_102232-PC314627.jpg
こんな場所が出て来ました

池に囲まれた小島かと思ったけど

陸続きやったみたいですな

2015_1231_102352-PC314629.jpg

2015_1231_102554-PC314631.jpg
今は何もない原っぱやけども、当時は屋敷か城が

あったんでしょうかね?


2015_1231_105355-PC314635.jpg
国道11号線(小松街道)で、東予方面へ

2015_1231_111348-PC314636.jpg
またもや豚太郎が目の前に~

しかも廃墟化した悲しき豚太郎とは!


諸行無常よのぅ ・ ・ ・ ・ ・

2015_1231_112848-PC314639.jpg
国道から県道へ


どうも、次の番外霊場は山の麓にあるようだ


て言うか~小雨が降ってきましたな

本降りにならなければ良いんだけど ・ ・ ・ ・

2015_1231_113243-PC314641.jpg
番外霊場の駐車場に到着

アドレスを脇に停めて徒歩で向かいます~

2015_1231_113331-PC314643.jpg
風情のある石段を登って行くと見えてくる渋い山門

2015_1231_113413-PC314644.jpg
四国別格二十霊場 第九番札所

             興 隆 寺


2015_1231_113440-PC314645.jpg
山門を潜ってもまだまだ石段が続いとったわ~

適度にしんどいけど~それが良い!

2015_1231_113700-PC314649.jpg
千年杉 ・ ・ ・ ・こんなとこにも!

2015_1231_113740-PC314650.jpg
結構長い石段ですこと!

バリアフリーという概念は無縁の世界ですなぁ

2015_1231_114208-PC314654.jpg
ようやく本堂の方に到着

地味に疲れたかな~

2015_1231_114435-PC314656.jpg
相も変わらず安い造りの小坊主君

2015_1231_114309-PC314655.jpg
こちらのゴールデンな賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)さんは

まっこと豪華な造りですなぁ~♪

2015_1231_114525-PC314657.jpg

2015_1231_115020-PC314660.jpg

2015_1231_114647-PC314658.jpg

2015_1231_114828-PC314659.jpg
なぜに天狗が?

この辺の山には天狗伝説でもあるんかな?

2015_1231_115505-PC314662.jpg
視線を感じる ・ ・ ・ ・

2015_1231_115515-PC314663.jpg
写す瞬間に目を細めるなよな~w


2015_1231_120837-PC314681.jpg
駐車場までの帰りは山車展示場でも見学させてもらおうか


しかし ・ ・ ・ ・

2015_1231_120325-PC314671.jpg
展示ステージはこんな感じでした

これも廃墟化というやつかな ・ ・ ・ ?


で、この廃ステージの他には

2015_1231_120808-PC314680.jpg
数軒の怪しいプレハブ小屋がありました


中の方を覗いてみると ・ ・ ・

2015_1231_120307-PC314669.jpg
スペースシャトルが飛んでたよw

2015_1231_120239-PC314667.jpg
なんか、乗組員らしき人が宙返りしてますね

フワフワと無重力を表現してるんかな?

2015_1231_120219-PC314665.jpg
向井千秋さんて ・ ・ ・ ・何年前のやつよコレ?

2015_1231_120520-PC314674.jpg
他のプレハブ小屋には芝刈り中の人が居ました

2015_1231_120257-PC314668.jpg
サルも居ましたね~

あと数時間後には猿年になりますので

タイムリーとも言えるかなぁ?

2015_1231_120529-PC314675.jpg
宇宙船と芝刈りとサル軍団 ・ ・ ・ そして一輪車

なんか関連あるんかな?

いやいや、全然無いやろなぁ~

2015_1231_120623-PC314677.jpg
モーターボートのレースも再現してましたよ

なかなか凝った造りで恐れ入る!

2015_1231_120633-PC314678.jpg
中の様子が分からない小屋もありました

ガラス戸に「菓子・おみやげ・酒」と表記されてるので

当時は売店やったんでしょうね~多分?


2015_1231_121956-PC314683.jpg
12時19分

興隆寺の参拝を終えて、すぐ近くにある

次の番外霊場へ向かいました


2015_1231_122647-PC314684.jpg
四国別格二十霊場 第十番札所

             生 木 地 蔵


2015_1231_122734-PC314685.jpg
本堂の横には

2015_1231_123015-PC314687.jpg
巨大な老木が横たわっておりました

2015_1231_123031-PC314688.jpg
樹齢1200年以上の楠らしいですね

当時、弘法大師が一夜でこの楠に

地蔵菩薩の尊像を刻まれたとか ・ ・ ・ ・

2015_1231_123044-PC314689.jpg
なるほどね、それで寺の名称が「生木地蔵」なのね

変わった名の寺院やと思ったわ


それにしても弘法大師、一夜で何かするの多いなぁ


2015_1231_133224-PC314694.jpg
13時32分

次の番外霊場は結構遠いのであります

おまけに国道も渋滞してたのでね~

思いのほか時間が掛かりましたわ

2015_1231_135247-PC314697.jpg
少~し道に迷いましたよw

どこよここ?

2015_1231_135654-PC314698.jpg
13時56分

なんとか到着~

2015_1231_140231-PC314702.jpg
四国別格二十霊場 第十一番札所

             延 命 寺


2015_1231_140643-PC314704.jpg

2015_1231_140115-PC314699.jpg
ここにも「いざり松」と言う霊木が横たわっておりました

木に引っ掛かってる白いのは草鞋でした

2015_1231_142538-PC314705.jpg
14時25分

時間的に次の番外霊場が最後になりそうやね

2015_1231_143442-PC314706.jpg
道中で見かけた気になる看板

そういや~まだ昼飯を食ってないなぁ

2015_1231_143459-PC314707.jpg
         らーめん工房  りょう花


はてさて、愛媛県東部では有名なのかしら?

2015_1231_143513-PC314708.jpg
なんや?モーツァルト熟成?

なにわのモーツァルトやったら知ってるけどねぇ

2015_1231_144714-PC314709.jpg
モーツァルト熟成の塩ラーメン、想像以上に美味かった!

麺もスープも美味いけど、炙った鶏肉がこれまた美味し!


欲を言えばもう少し全体の量が欲しいとこやけどね~

2015_1231_151445-PC314713.jpg
モーツァルト塩ラーメンを食った後は

国道192号線から県道5号線の方へスルっと!

2015_1231_152221-PC314715.jpg

2015_1231_152923-PC314718.jpg

2015_1231_153044-PC314719.jpg
県道5号線から国道319号線へ合流

銅山川沿いを西に進んで行くと見えてくるのが

2015_1231_153108-PC314720.jpg
現時点で最高の幽玄な雰囲気を誇る別格霊場の

2015_1231_153349-PC314722.jpg
四国別格二十霊場 第十二番札所

             仙 龍 寺

2015_1231_153446-PC314724.jpg
アドレスを駐車場に停めて、徒歩で激坂を登って行く

2015_1231_153602-PC314725.jpg
なんか凄い建物が見えてきたよ

2015_1231_153631-PC314726.jpg
木々の間から見える巨大な建造物 ・ ・ ・

なんちゅうか、窓や格子の数が多いなぁ~

2015_1231_153707-PC314727.jpg
更に進んで行くと見えてくる怪しいトンネル?

トンネルの下には川が流れてますね~

て言うか、トンネルの上に車が停まってますな

さっきの激坂以外に道は無さそうやから

あそこを登って来たんか~凄いな!

2015_1231_153903-PC314731.jpg
トンネルの横に道が見えますな

帰りはあの道の方を調べてみますかね

2015_1231_153913-PC314732.jpg
どうもトンネル上の建物が本堂&大師堂みたいですね

このアングルから見ると普通の大きさの建築物やけど

奥の方が異様に長いのよね~

2015_1231_154147-PC314738.jpg
でわでわ~建物内部へ

2015_1231_154244-PC314739.jpg

2015_1231_155047-PC314747.jpg
階段横の窓から見た外の風景

2015_1231_154258-PC314740.jpg
昔の木造校舎みたいで渋いねぇ~

2015_1231_154656-PC314744.jpg

2015_1231_154738-PC314745.jpg
なんと素晴らしい空間だろうか

のんびりと長居したいとこやけど、帰りのフェリーの

時間が迫りつつあるのでね~

2015_1231_155154-PC314751.jpg
この建物、個人的に好みでメチャ気に入りました

是非とも再訪したいもんですわい!

2015_1231_154018-PC314734.jpg
周囲の建物もまだジックリと見てないしね

これは是が非でも再訪しないと!

2015_1231_154039-PC314735.jpg
あの赤い橋の先が気になるねぇ

時間があれば見に行きたいとこやけど ・ ・ ・ ・

2015_1231_160318-PC314758.jpg
帰りはトンネル横の道で駐車場の方へ戻る事に

2015_1231_160339-PC314759.jpg
トンネルの奥に滝らしきものが見えますな

あの滝で修行でもしてるんやろうか ・ ・ ・ ?

2015_1231_160502-PC314766.jpg
いやはや ・ ・ ・ ・ マジで渋いなぁ!

建物の外観だけやったら瀞ホテルを上回るであろう存在感!

2015_1231_160602-PC314769.jpg
八十八ヶ所霊場の中でも類を見ない程の

幽玄なりし寺院!いつか絶対再訪せんと!


2015_1231_161415-PC314770.jpg
16時14分   仙龍寺、参拝完了

次の番外霊場はまた今度って事で!

次に来るとしたら春先か秋ごろかなぁ?


さぁ、あとは南海フェリー乗り場のある

徳島港までひたすら疾走するのみ!

2015_1231_161740-PC314772.jpg
まぁまぁ急げば~18時55分の便に間に合うでしょう

2015_1231_161855-PC314776.jpg
ここ景色良いね~♪

真ん中付近に見えるのは新宮ダムかな?

2015_1231_163528-PC314777.jpg
県道5号線から国道192号線へ合流


あとはこのまま道なりにグイグイ進んで行けば

余裕で徳島市内に到達できると軽く思ってたけど

2015_1231_170023-PC314783.jpg
残念ながら徳島県の阿波池田付近で雨が降ってキタ~(泣)

日没と同時に雨はマジ勘弁でしょ!タイミング悪いっての!


短時間で止む事を願いましたけども ・ ・ ・ ・ ・ 

2015_1231_183300-PC314789.jpg
18時33分

徳島市内に到達するまでガッツリ降られましたとさ!


クソ~!大晦日に雨中夜間走行とは ・ ・ ・ ・ ・

2015_1231_184411-PC314791.jpg
18時44分

なんとか18時55分の便に間に合いました


こんなにギリギリでフェリーに乗船するのは久しぶりやなぁ

本降りの中での走行なので速度を抑えてたから

思いのほか時間が掛かったからねぇ ・ ・ ・ ・



今年もありがとう~四国!

来年(2016年)また来るからね~!


2015_1231_185711-PC314793.jpg
帰りもゴロ寝ゾーンでのんびりと2時間の船旅を満喫

大晦日の南海フェリーは空いててよろしゅうおますわ♪




2015_1231_210905-PC314794.jpg
21時09分   滞りなく無事に和歌山港に到着

この後はいつも通りの臨海線ルートで大阪市に帰還しました




第1回 別格二十霊場バイク遍路 おしまい!



ポチっとヨロシクお願いします~
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title
こんばんは!
興隆寺のプレハブ小屋、謎が多すぎて笑えますね(笑)
仙龍寺といい、年季の入った建物が多くて写真見てるだけでもワクワクしますね^^
大晦日もツーリングとは、恐れ入ります!
浪費男さんへ
興隆寺の周囲はなかなか幽玄な雰囲気なんですけどね

プレハブ小屋の怪しい展示物のせいで変に記憶に残った番外霊場と相成りましたw

年末のツーリングは道も空いてて個人的には気に行っておりますよ♪

豚太郎の光と影
大晦日も天気が良くて絶好のツーリング日和ですね。そしてこの日もまた豚太郎が。味で勝負する・・・何とも強気なフレーズですね(笑)

文殊寺が四国88か所の発祥の地とは知りませんでした。寺に居ついているにゃんこ、この高さがべスポジなのでしょうかね?

四国は豚太郎全盛だと思ってましたが、そうでもないところもあるのですね。在りし日の頃は家族連れとかで賑わっていたのでしょうか・・・店に行ったことのある人だと余計に切ないでしょうね。

興隆寺の山門が立派で渋くて、某槇尾山の寺を彷彿とさせるものを感じます。その先の道のりが長いのも(笑)

寺ににゃんこは定番ですが、ここはわんことは珍しい気がします。目を細める様が可愛らしい(笑)

怪しげな廃屋の中は驚きのスペースシャトルですね。このチープさ・・・某探偵番組のパラダイス系と言うか。
他にも猿やらモーターボートやら統一性のなさが素敵です(笑)

垢抜けない豚太郎とは打って変わっての綺麗な店のらーめん工房 りょう花のラーメンは美味そうですね~。炙り系の肉がとても美味そうで。モーツァルト熟成に関しては謎ですが(笑)

仙龍寺はアプローチの激坂からして別格な雰囲気がしますし、年季の入った巨大な本堂が見応えあるし雰囲気ありますね。中の雰囲気もいいし、宿泊できるなら宿泊したいですよ。

徳島港へ急いでいる最中の雨は萎えますね。俺も何度かこの辺を走ってますが、どうもこの辺は雨になることが多い気がします。
フェリーの時間に間に合って良かったですね。

年末の別格霊場ツーリング、お疲れ様でした~!
エクシさんへ
朝は良い天気でスタートしましたね
空も青いし豚太郎も強気やし~♪


文殊院がお遍路発祥の地とは当方も知りませんでしたよ
さすがは別格霊場と言ったところでしょうかね

猫の居てた高さは微妙な高さですな
アレぐらいが丁度良いんでしょうw


潰れた豚太郎を見るのは寂しいもんですねぇ
ブヒブヒと勢いがある時もあったでしょうにね・・・


興隆寺は確かに施福寺みたいな雰囲気がありましたね

風格のある建物以外にも目が細いワンコやスペースシャトル・モーターボート等々、色んな意味でディープな霊場でしたよ


りょう花のモーツァルト熟成は謎ですわ麺にクラシックでも聞かせてるんでしょうかね?


仙龍寺は凄く渋い雰囲気の霊場でしたね
小雨のせいで少し霧みたいなのが湧いてたので尚更でしたよ

当方も泊まれるものなら泊まりたいです
夜は怖そうですけどね・・・

あの寺にはまたいつか行きたいもんです


徳島港への雨中走行は精神的にしんどかったですねぇ

暗い中での時間を気にしながらの雨中走行はマジ勘弁!

フェリーの時間に間にあったのが幸いでしたよ



管理者のみに表示

トラックバック