FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとぎのカフェと地獄の林道


2016_0517_124556-P5170068.jpg
2016年 5月17日 (火曜日)


このアングルのセローってイカスよね~♪



2016_0517_110623-P5170007.jpg
11時06分

この日は河内長野市に向かいました


過去に何回か来訪したことのある

ごはんカフェ三郎


残念ながら去年の末、諸事情により

閉店しちゃったらしい ・ ・ ・ ・


しかし、三郎を営業していた古民家に

別のカフェがオープンしたとの話を耳にしました

今回は平日ながらも時間が空いたのでね~

チャンスとばかりに様子を見に来たという次第です


2016_0517_110747-P5170008.jpg
三郎があった民家に新たにオープンした

洋食のおとぎ屋


洋食か ・ ・ ・ ・ 三郎みたいな和食は

提供しない方向性という事なのかしら?


2016_0517_111100-P5170010.jpg
おとぎ屋ランチ ・ ・ ・ ・1300円か

少し高い気がするな~


2016_0517_112243-P5170012.jpg
前の店の三郎がランチ1000円程度なので

割高感が少々ありますね

味の方は美味いんだけど ・ ・ ・ ・ 


しかし5月にオープンしたばっかりなのでね

このメニューと値段は変動するかもしれない


しばらくしてまた様子を見に来るか~!


2016_0517_114337-P5170013.jpg
おとぎ屋の前の長閑な風景でおます


さて、このまま帰るのはもったいない


2016_0517_114956-P5170016.jpg
R310を奈良県側へ進んで行きました


およそ3年前に行った事のある某所へ・・・


2016_0517_120807-P5170022.jpg
林道 地獄谷線

なんとも恐ろしい感じの林道名ですけど

この林道の途中に存在する某所が

もっと恐ろしかったりするのです


2016_0517_120954-P5170024.jpg
右に見える木の杭の先にあるのが ・ ・ ・


2016_0517_121055-P5170026.jpg
             鳥 地 獄


ツーリングマップル関西版の26ページに

しれっと表記されているのねん


ちなみに3年前はリトルカブで来訪しました


(その時の記事はこちら↓)
地獄を見に行くリトルカブ?の巻



ここにセローを停めまして~


2016_0517_121359-P5170029.jpg
森の中へ徒歩で進んで行きます


鳥地獄はこの先にある ・ ・ ・ ・ ・


2016_0517_121521-P5170031.jpg
鳥地獄とは!

山の谷間の窪地にシュワシュワと炭酸ガスが

吹き出ていて、その周囲では炭酸ガスを吸って

不運にも命を落とした鳥や小動物の骸が無数に

散乱している恐ろしい場所なので~あります


2016_0517_121556-P5170032.jpg
地表から数十センチしか炭酸ガスは

滞留しないので~人間様は大丈夫でしょう


多分ねw


2016_0517_121714-P5170033.jpg
それにしても ・ ・ ・ ・

シダ類がアホミみたいに生い茂っておりますなぁ


湿気が多い谷間なんでしょうね


2016_0517_122114-P5170036.jpg
湿気が多いので変なキノコが生えてやがるな

食えんのかコレ?

どう見てもうまそうに見えないけどね


2016_0517_122226-P5170037.jpg
道がドンドコ酷くなるね~


2016_0517_122407-P5170039.jpg
12時24分

鳥地獄に到着


2016_0517_122431-P5170040.jpg
杭に囲まれてる水たまり付近、微かに

炭酸ガス臭?が匂っておりました


2016_0517_122540-P5170043.jpg
水面がボコボコ泡立っておりまする

炭酸泉が湧き出てる証拠?


2016_0517_122837-P5170050.jpg
倒木の上に乗って撮影


この付近を飛ぶ鳥が水を飲みに降りて来たら


2016_0517_122554-P5170044.jpg
炭酸ガスで特に苦痛を感じることなく

昇天するらしい ・ ・ ・ ・あな恐ろしや~!


2016_0517_122924-P5170053.jpg
鳥地獄の上空

良い感じに木々が開けてますな


上からは水たまりは丸見え

それで鳥たちが降りて来るんでしょうかね


2016_0517_123141-P5170062.jpg
ちなみに、この日は鳥の死骸は見かけませんでした

あまり見たくない光景なのでそれでいいけどね~



数分後にセローのとこに戻りまして~


2016_0517_124313-P5170065.jpg
林道徘徊でフィニッシュと参りましょうか


2016_0517_124612-P5170069.jpg


2016_0517_124511-P5170067.jpg
ええ塩梅の森の林道と思いましたが


2016_0517_125302-P5170073.jpg
大自然のお仕置き的な倒木のとうせんぼや


2016_0517_124746-P5170070.jpg
草ボーボーで行き止まり状態やったので

無念の撤退&早々に自宅に帰還となりました



おしまい!



ポチっとヨロシク!
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title
こんばんは!
毎度、すさまじいスポット巡りに感心しています(笑)

おとぎ屋の写真からも伝わる、「やや割高感」が今後改善されることに期待してます(*_*;
鳥地獄とは、これまた恐ろしいところですね
ググってみたら有馬温泉や三瓶山にもあるみたいですね!
恐ろしやぁ~
浪費男さんへ
今回のスポットは普通のツーリングでは寄らない様なディープな土地でしょうねw

どうも有馬温泉の方の鳥地獄は炭酸ガスが枯渇してるみたいですな
その方が鳥さん的にも宜しいのでしょうけどね

おとぎ屋は値段の設定がアレなので
ええ塩梅で価格調整してくれたら嬉しのですがねぇ~?
恐怖の鳥地獄
最初の写真からもうどこか分かってしまします(笑)ああ、三郎…未だに残念でなりません。

そしておとぎ屋になってまず驚いたのがこの看板の大きさ。三郎時代より目立つので通りすがりの人にも効果的でしょうね。

俺も前に行って思いましたが値段が…は否めないですね。味は確かにいいのですが、値段のせいで三郎程通う感じにはならない気がします。今後に期待したいところですね。

食後のおどろおどろしい名前の林道…以前行かれていましたね~地獄谷。
鳥地獄は朽ちた木の看板のようなものがもう怖いです(笑)
傍目からしたら単なる小さな池というか水溜りのようなものにしか見えないですが、これが鳥達の命を奪い続けているものの正体なんですよね。自分がもしも鳥なら恐怖以外の何物でもないです。

地獄谷林道は中々レベルの高い道のようですね。ここまで草だらけだとセローと言えど厳しいでしょうか。
お疲れ様でした。
エクシさんへ
三郎の後継者?のおとぎ屋は値段設定がいささか難ありですね

どうしてもサブちゃんの時の値段設定を思い出すので尚更ですな


鳥地獄の周辺は独特な雰囲気がしてて鳥ならずとも怖い感覚に襲われますよ

地獄谷林道はもう少し距離があればいいんですけどね~

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。