さようなら七洋園


2017_1009_063502-PA090398.jpg
2017年 10月8日 (日曜日)

2017_1008_174550-PA080364.jpg
17時45分

雑賀崎漁港から七洋園へ戻ってきた



いつの間にか「七 洋 園 」の赤い看板が
怪しく輝きだしてますなぁ ・ ・ ・


2017_1008_174608-PA080365.jpg
今夜ここに泊まる客は自分ひとり ・ ・ ・
何事も起きなければいいけどね


まぁ、自分は霊感ZEROカロリーやし
ゴールド免許を所有してるから大丈夫?


2017_1008_174950-PA080367.jpg
闇に包まれし七洋園に戻る前に
晩飯をここでいただく事にしました


ホルモン焼  じゃっきぃ


七洋園から歩いて30秒ほどの場所に
営業してる飲食店です


2017_1008_175754-PA080369.jpg
トワイライトな和歌浦の海を眺めながら
飲むビールは美味し!ですなぁ♪

じゃっきぃさんのホルモン料理も
なかなか美味し!でおましたよ~



料理の写真撮り忘れたのはご愛敬w


2017_1008_174850-PA080366.jpg
双子島もクッキリよく見えるぜ!


2017_1008_175816-PA080370.jpg
淡路島も良く見えるな

ここら辺から淡路島行きの小型フェリーでも
就航してたら便利なのにねぇ

南海フェリーさん、どないでっか?
たこフェリーみたいなやつをギブミー!


2017_1008_183444-PA080374.jpg
18時34分

闇夜に包まれし七洋園に戻りました


2017_1008_183704-PA080375.jpg
意外と玄関は明るいな
もう少し暗いかと思ってましたわ



この後は部屋に戻って事前に購入してた
酒とおつまみ片手に大河ドラマを視聴


2017_1008_211032-PA080377.jpg
おもむろに部屋の外を撮影したの巻

オーブっちゅう奴が無数に映ってるおるけど
これ、空中に漂う埃やチリなどがカメラの
フラッシュに反射しただけだっよな~確か?


2017_1009_031352-PA090389.jpg
夜中の3時に無性に喉が乾いたので
1階のロビーにある自販機まで飲み物を
買いに行ったんやけどね

廊下が暗すぎてなかなか怖かった・・・


2017_1009_031050-PA090383.jpg
1階ロビー


2017_1009_031224-PA090385.jpg
雑然とした感じの土産品コーナー


自販機でお茶を買った後は半分ほど飲んで
すぐに眠りに付きました




そして3時間後 ・ ・ ・ ・
 



2017_1009_062208-PA090391.jpg
6時22分

七洋園に朝が来た~!


心霊スポットとかネットで噂されてる割には
特に何も起こらなかったな

仮になんか霊的な事が起こってたとしても
霊感ゼロやから気づいてないという可能性も
あるかもしれんがね


2017_1009_062308-PA090393.jpg
部屋から見える淡路島が
なかなか良い感じでおました



で、反対側の景色は ・ ・ ・


2017_1009_062338-PA090394.jpg
七洋園の横で数年前まで営業してた
太公望が佇んでおります

植物の侵食具合が凄まじいな~


2017_1009_065851-PA090404.jpg
さて、朝から七洋園内部を徘徊しますかね

オーナーには前日に許可を得てるので
堂々と徘徊するぞ~!

最初はまだ見ていない3階に向かいました


2017_1009_065946-PA090406.jpg
ビニールを被せられたビリヤード台か

ホコリの対策 ・ ・ ・ ?


2017_1009_064334-PA090403.jpg
へぇ~タオルの自販機ですかい

こりゃ珍しいなぁ
シンプルなデザインですこと!


2017_1009_070431-PA090415.jpg
何故だかモンサンミッシェルの絵画が
飾られていました


2017_1009_070023-PA090407.jpg
廊下の右側の部屋は ・ ・ ・ ・


2017_1009_070109-PA090409.jpg
ほぅ、宴会場か~なかなか広いね


2017_1009_070142-PA090411.jpg
和歌浦が観光地として隆盛を極めた当時は
ここで毎夜ドンチャン騒ぎが繰り広げて
いたんやろうなぁ ・ ・ ・ ・


2017_1009_070228-PA090413.jpg
後にツイッターで知った事ですが、9月ぐらいに
この宴会場で怪談イベントが催されたらしい

七洋園で怪談とはなんとも渋い ・ ・ ・ !


2017_1009_070159-PA090412.jpg
七洋園の3階廊下から撮影した外の風景


2017_1009_070814-PA090418.jpg
お次は暗い地下の方に行ってみようか


2017_1009_070841-PA090419.jpg
水が入ってない池みたいなのがあった

ちょっとした庭園みたいなアレかな?


2017_1009_071138-PA090428.jpg
竜宮 ・ ・ 入船 ・ ・ 海路

部屋の名前かな?


2017_1009_071055-PA090427.jpg
確かに部屋はいくつかありますな


しかし ・ ・ ・ 暗いな
夜に徘徊しなくて正解でしたわ


2017_1009_070925-PA090422.jpg
フラッシュ撮影したこんな感じダス


2017_1009_071030-PA090426.jpg
地下の部屋の方が2階の部屋よりも
広いですな~


2017_1009_071209-PA090429.jpg
お次は地下2階の方へ向かいましたが ・ ・ ・


2017_1009_071248-PA090430.jpg
暗いし、物置みたいな感じになってたので
途中で引き返しました

ちなみに、左上のモヤみたいなのは
カーテンみたいなんです ・ ・ ・ ・


2017_1009_072013-PA090431.jpg
お次は外に出て七洋園の横にある
空き地から撮影しました


2017_1009_072042-PA090432.jpg
七洋園、植物に侵食されつつあるな~
飲み込まれるのは時間の問題か ・ ・ ・?


2017_1009_072132-PA090433.jpg
さて、少し名残惜しい気もするけども
そろそろ七洋園にお別れしましょうかね

また ・ ・ ・ ・ いつか

そうやな2年後ぐらいに泊まりに来ようか
なんて軽い気持ちで考えてたんです


この時はね ・ ・ ・ ・ ・


2017_1009_074436-PA090436.jpg
部屋に戻って、ふと外を見ると
見覚えのある船が見えまんがな

あれは!


2017_1009_074421-PA090434.jpg
南海フェリーやんけ

船の方向的に四国の徳島から来た便やな
あんなもん見たらまたぞろ四国の方に
行きたくなるじゃね~か

困ったもんやで・・・・



2017_1009_063634-PA090401.jpg
七洋園を出る前に当然ながら1階ロビーに
部屋の鍵を返しに行ったんやけども
何度声をかけてもオーナーさんが出てこない

寝てんのか?それともどっかでかけてんのか?

仕方がないのでテーブルの目立つとこにでも
鍵を置いて、とっとと出発しようと一旦は
カブのエンジンをかけたんですけどね

昨日、体の調子が悪そうやったオーナーを
思い出してなんか心配になって来ましてね
もう一度ロビーの方に戻って声を掛けました

すると1階の階段の横にあるトイレの方から
微かに物音が聞こえてきました

「あ、トイレ中やったんかいな?」

トイレの方に向かって「もう出ますね~」
「鍵はテーブルの上に置いて行きますんで」
と声をかけると「はい~」とオーナーさんの
声が聞こえてきました

とりあえずオーナーの返事を聞けて
安心したので七洋園を出発しました


2017_1009_082632-PA090437.jpg
8時26分

七洋園を出た後は和歌浦港の方に
リトルカブを走らせました


2017_1009_083019-PA090438.jpg


2017_1009_083034-PA090439.jpg
一通り和歌浦の海沿いの道を楽しんだ後は
七洋園の裏手にある埋め立て地に行きました


2017_1009_084541-PA090441.jpg
埋め立て地の道から見える七洋園

あれ全部が七洋園ではありません
右側が七洋園、左側が太公望です

下から見上げる七洋園も渋いですなぁ
太公望と一心同体感が増して迫力増大!
こりゃまた泊まりに来たいね~
太公望も復活した暁には泊まりたいね~


5分ほど七洋園&太公望を眺めた後は
寄り道せずに大阪府に帰りました




数日後、なんとなくツイッターで
七洋園を検索してみたら ・ ・ ・ ・


2017_1009_084550-PA090442.jpg
七洋園のオーナーの訃報が ・ ・ ・

七洋園のオーナーさんと面識がある
知人の方のツイートで知りました

なんでも自分が七洋園を出た次の日ぐらいに
病院に入院されたみたいです
その数日後の13日に亡くなられたらしい

これを知った時は凄くと言う程ではないけど
結構ショックでした

確かに体調がかなり悪いと感じてはいたが
ネット情報で数年前からオーナーの体調は
悪いという話を聞いてたのでね
時も「まぁ、いつもこんな感じなんやろ」
と思い込んでいて七洋園に宿泊した時も
オーナーの体調とかをさほど心配して
なかったのが今思えば悔やまれます




七洋園オーナー様のご冥福を祈ります。




スポンサーサイト

コメント

はじめまして
はじめまして。
あまり他の方のブログは拝読しないのですが、久しぶりに楽しいブログを拝見させてもらいました。丁寧な写真と簡潔な説明と感想で飽きずに読めました。これからも応援してます。
木下さんへ
どうも初めまして!コメントありがとうございます

色々とお褒めいただき光栄です
ホントは長文で書きたいとこなんですけども文才が無いので簡潔な説明で誤魔化しておりまするw

応援ありがとうございます。
七洋園の検索から来ました。

気になっていた雑賀崎の七洋園さんについて、丁寧にまとめられていて、写真もたくさん載せていたので、どきどきしながら楽しく読ませていただきました。
また更新楽しみにしています!
ありがとうございます。
名無しさんへ
コメントのお返事が遅れまして申し訳ありませんでした

あの七洋園の事を気にしてる方は思いのほか多いんですね

B級スポットや廃墟マニアには貴重な観光ホテルでしたが、コレを最後に泊まれなくなるのは残念な限りです

最近は更新が滞ってますがネタは溜まってるので頑張ってアップしていきたいところです。

管理者のみに表示